およそ2割が、「モスバーガーに行ったらコレ」と決めているメニューに納得

しらべぇ




日本発祥のハンバーガーチェーン「モスバーガー」。発売される度に話題になる期間限定メニューも魅力的だが、ある定番メニューをこよなく愛している人が一定数いることが、Sirabee編集部の調査で改めて分かった。

画像をもっと見る

■モスといえば「テリヤキバーガー」


Sirabee編集部が全国の10代~60代の男女1,000名を対象に「モスバーガーの好きなメニュー」に関する意識調査を実施したところ、全体で23.0%の人が「モスバーガーではテリヤキバーガーを頼みがちだ」と回答。



性年代別に見てみると、10代男性と50代男性がともに33.3%と最も高い割合になっており、幅広い年代の人々から愛され続けている商品であることが、改めて分かる。

関連記事:モスバーガー、海老チリ風の「うまから」バーガー発売 「夜モス」の新商品も

■日本のチェーン店で初めて開発




日本のチェーン店として初めてテリヤキバーガーを開発した、モスバーガー。同店が誕生してから2年目となる1973年から発売されており、日本人の味覚に合い、バンズやパティとも相性の良いソース作りのために、隠し味として「味噌」を加えたテリヤキソースが開発された。

同社公式ページによると、当時の日本ではまだ「テリヤキ=魚の照焼き」というイメージが強かったためか、発売当初はあまり売れなかったそう。しかし、そのおいしさを素直に評価した女子高校生たちによる口コミなどを発端として、「テリヤキバーガー」が根付いていったという。

■3年ぶりにリニューアル




そんな同店のテリヤキバーガーは、今年3月に2019年以来3年ぶりにリニューアルされた。

同社の発表によると今回のリニューアルでは、味噌と醤油ベースの従来のソースに、ココアパウダー、黒すりごま、米酢、バルサミコ酢の4つが隠し味として加えられ、さらにコクと酸味、深みが加わえられているという。

■番組で紹介された話題のアレンジも




まずはそのまま味わいたいテリヤキバーガーだが、昨年9月放送の『ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~』(テレビ東京系)にて、お笑いコンビ「ハルカラ」の浜名ランチが考案したちょい足しアレンジも話題に。

テリヤキバーガーに、オニオンフライを挟むだけという簡単なアレンジなので、気になった人はこちらもぜひ試してみては。

当記事はしらべぇの提供記事です。