なにわ男子・道枝駿佑、「anan」初ソロ表紙 ロマンティックな王子の休日をテーマ

 なにわ男子の道枝駿佑が、5月18日発売の女性グラビア誌「anan」2299号で自身初のソロ表紙登場。グラビアでは、現代的なロマンティックな王子の休日をテーマに“最高級の煌めき”を魅せる。

ドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)では、5代目・金田一一として主演を務め、なにわ男子としても、2ndシングル『The Answer/サチアレ』が大ヒットするなど絶好調の道枝が表紙を飾るのは、次代を担う注目の人やモノ、コト、カルチャーを紹介する、「NEXTジェネレーション2022」特集号。歴代、錚々たるメンバーが演じてきた金田一シリーズを、令和に蘇らせる圧巻の佇まいは、まさにネクストジェネレーションの代表格。王子様のような甘いルックスと、モデル顔負けのプロポーション、さらに親しみやすく実直なキャラクターで日本中を虜にし、世界からも注目を集める道枝の、今をとらえたグラビアとなる。

今回のグラビアは、現代的なロマンティックな“王子の休日”をテーマに、新世代スター・道枝の魅力が光るストーリーで構成。ネオンサインが光る夜の街の片隅で、黒のシックなブラウスに身を包む道枝。そんな夜の街に溶け込む彼の、サングラスをパッと外した瞬間の視線に、見る者全てが心を奪われるはず。一転、ほっと一息ついてリラックスしたシーンでは、あたたかな体温が伝わってくるほどの柔らかな表情を激写。爽やかなシャツとデニム、そして穏やかな微笑みが、道枝のオーガニックな美しさをより際立たせる。ラストはブラック&ホワイトのジャケットスタイルで、ドレスアップ! 夕日に照らされたライラックのカーテンを揺らす、エレガントな佇まいは、まさに現代の王子様。睫毛の先まで艶めく、麗しの姿は必見だ。

インタビューでは、「憧れだった」と語る金田一シリーズへの思いや、多忙な日々に抱くいまの思いを等身大の言葉で語っている。

同号にはほかに、ONE N’ ONLY、吉川愛、中山咲月、藤間爽子、錦鯉、藤原大祐、中川大輔が登場。さらに、南沙良と山田孝之の対談や、岩崎大昇(美 少年/ジャニーズJr.)、佐藤新(IMPACTors/ジャニーズ Jr.)も誌面を飾る。

なにわ男子・道枝駿佑が表紙を飾る「anan」2299号は、マガジンハウスより5月18日発売。価格は730円。

当記事はクランクイン!の提供記事です。