浜田雅功『伝説の一日』の漫才に胸中、松本人志が返した言葉に「信頼関係が最高」の声

ダウンタウン(松本人志、浜田雅功)が4月3日、吉本興業創業110周年特別公演『伝説の一日』で31年ぶりに漫才を披露して3週間が過ぎた。松本人志はすでに『ワイドナショー』(フジテレビ系)で心境を語っていたが、このほど28日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ、日本テレビ系)で浜田雅功からも裏話が明かされた。珍しく相方の話に茶々を入れず耳を傾けていた松本の放った言葉が共感を呼んでいる。

浜田雅功がなんばグランド花月(NGK)の楽屋前で「打ち合わせしてくれへんねん」とこぼしていたことは舞台袖で漫才を見た芸人たちもラジオ番組などで話しており、松本人志から「クイズだけ考えといて」とだけ言われたという。漫才は佳境に入ると、松本の父親が数年前に亡くなった時「家に線香をあげに来て号泣した芸人は誰?」というクイズ形式のネタで盛り上がった。このほど浜田は「もうええわ」とツッコんで漫才を終わらせたことについて聞かれると、「あれは1発目きて、すぐ2発目きたから」と松本が号泣に絡めたネタを3度繰り返したことを振り返り「もし次きたら強制終了やと俺は思ってた」と自ら判断したことを吐露した。

ちなみに23日放送のラジオ番組『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)にゲスト出演した千鳥(大悟、ノブ)は「漫才は1回離れるとできなくなり、ネタを考えるのも息を合わせるのも大変」と説明しながら、ダウンタウンがそんな常識をものともせず31年ぶりに新ネタ漫才を披露した時は「震え上がった」と話していた。しかも浜田はネタを知らずに漫才に臨んだわけで、『ダウンタウンDX』の初告白から直感的なセンスで対応する底力がうかがわれた。

強制終了した理由を聞かれて「その間もけっこう長いことしゃべってる体感もあったから、3発目きてくれたらと思ってたらきてくれたから」と語る浜田の横には、神妙な面持ちでじっと耳を傾ける松本の姿があった。もし強制終了しなければ「松本さんはその後あったんですか?」と聞かれて「まあまあ、どうなるかにもよるなぁ」と口を開いた松本。「別にその後もあるっちゃあるけど、終わり方は難しいな」、「いや難しかったよ」と浜田とやりとりしながら「浜田に任すしかないから」と答えた。

松本人志が打ち合わせをしなかったのは、浜田雅功の直感と瞬発力による相乗効果を期待したのかもしれない。Twitter上では「浜田に任すしかないから」という言葉に対して、「そうなのよ、この信頼関係が最高なのよ! たまにふとこぼれちゃう、松ちゃんの浜ちゃんへの敬意と信頼がとても良き」と反響があったのをはじめ「浜ちゃんが松ちゃんのお父さんの仏壇の前で号泣したネタ? でちょっとウルっとしてしまった。なんだかんだ言って仲良し」、「意志疎通スゴい!」などの声が見受けられた。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。