今井翼主演『TELL ME ~hideと見た景色~』7月公開へ hideの音楽を世に届ける姿を描く予告編解禁

クランクイン!

 俳優の今井翼が、X JAPANのギタリストだったhideさんの弟役で主演を務める映画『TELL ME ~hideと見た景色~』が、7月8日より公開されることが決定。予告編と本ビジュアルが解禁された。

本作は、hideさんの実弟・松本裕士さんの著書「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫)をもとに、hideが遺した音楽を世に届けるため奮闘する弟たちの軌跡を描く。今井演じるhideの実弟で主人公の裕士が、駆け出しのマネジャーながら、本人不在のhideプロジェクトを実現すべく奔走する。

hideの共同プロデューサー・I.N.A.役には塚本高史。hideと二人三脚でソロ楽曲の制作を行い、hide with Spread BeaverのメンバーでもあったI.N.A.は、弟の裕士を支える存在となる。hide役を演じるのは、女優りりィを母に持ち、ロックバンド「FUZZY CONTROL」のギター&ヴォーカル、そしてソロでも活動するロックギタリストのJUON。レコード会社重役・鹿島役を津田健次郎、hide事務所のチーフマネージャー・児玉役を細田善彦。7人組バンド、hide with Spread BeaverのhideとI.N.A.以外のメンバーを、川野直輝、SHINGO☆(しんごすたー)、笠原織人、くぼゆうき、片岡麻沙斗が演じる。監督・脚本は、映画『今日も嫌がらせ弁当』の塚本連平。

1998年5月2日、X JAPANのギタリストとして、ソロアーティスト(hide with Spread Beaver/zilch)として活躍していた、日本を代表するロックミュージシャンのhideが急逝。葬儀には約5万人が訪れ、日本中が早すぎる別れに涙する社会現象に。hideのマネージャーを務める弟・松本裕士は、兄hideと過ごした子供時代から今までの日々を思い返していた。制作途中だったアルバム、そしてすでに決定していた全国ツアー。hideの音楽を世に届けたい。兄の意志を継いだ裕士は、hideと二人で楽曲を制作していたhideの共同プロデューサーI.N.A.ら仲間たちとともに動き出す。hide本人不在という異例の状況下で奮闘する裕士とI.N.A.だったが、彼らの前に様々な困難が立ちはだかる…。

予告編は、子供時代のhideと裕士兄弟が海辺で仲良く佇む場面からはじまる。続いて、hideの急逝後、弟でマネージャーの裕士が兄の意志を継ぎ、hideの音楽を世に届けるためI.N.A.ら仲間たちと奔走する姿が、hideの楽曲「TELL ME」と「ROCKET DIVE」にのせて描かれていく。

本ビジュアルは、ギターを持つhideを背景に、強いまなざしを見せる裕士やI.N.A.らを配置したもの。上には「hideは俺たちに何を遺したのか?」というコピーが添えられている。

なお本作は、4月29日より、ムビチケカード型前売券(映画館/メイジャー)、ムビチケオンライン(デジタル映画前売り券)を発売。ムビチケカード型前売券(映画館/メイジャー)には、購入特典としてオリジナル・ポストカードセット4枚組が付く(数量限定)。また、Loppi限定で、ロゴワッペン付きジップアップパーカー、B3クリアポスター2種セット、アクリルスマホスタンドなどのオリジナルグッズ付きムビチケコンビニ券も発売される。

映画『TELL ME ~hideと見た景色~』は、7月8日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。