種類別!「SNS」からパートナーの浮気を見破る方法って?

みのり

種類別!「SNS」からパートナーの浮気を見破る方法って?



実は、TwitterやInstagram、FacebookといったSNSによって、浮気や不倫がバレるケースは少なくないのです。そこで今回は、SNSの種類別に浮気をしているかどうかのチェックポイントについてご紹介します。

SNSが浮気のキッカケになりやすい理由って?①気軽さ


Twitter・Instagram・FacebookなどのSNSによって、浮気がバレやすいのはどうしてなんでしょうか?その一つは手軽さからだとされています。そもそもSNSでは、共通の趣味や嗜好を持つ人を容易に見つけやすく、24時間繋がれる媒体。

メッセージや投稿のやり取りがきっかけとなり距離が縮まると、見知らぬ相手や久しぶりに見つかった友人とも実際に会ったりできます。そしてそこから、浮気に発展するのです。なんとなくオシャレな雰囲気のアイコンなら、浮気チェックの対象になりにくいといった傾向もあります。

さらに、マッチングアプリのような使い方をする人も中にはいます。出会い系程怪しくなく、気軽にコメントが出来たり、写真を確認して好みのタイプを探すこともできます。「オフ会」もといった形であれば異性ともたやすく会えます。

SNSが浮気のキッカケになりやすい理由って?②証拠が残りにくい


SNSが浮気のきっかけになりやすいのは、証拠の残りにくさというのもありますよ。Twitter・Instagram・Facebookなどのアプリは、退会してアプリ自体消去してしまえば形跡が残ることはありません。

また、アカウントを別に作れば本人の特定ができにくくなるので、こっそり不倫相手と繋がることも!一度距離を置いたとしても、相手の連絡先がわかっていれば元恋人と繋がることも可能です。それに比べて一般的なメールでは、一度消したものであっても復元できるのでバレやすいとされています。

さらにこういったSNSでは、あらゆる年齢層の異性と交流ができますし、はじめは連絡先を知らずとも近所だったり、場所の指定だけで簡単に出会えるのもメリットだと言えるでしょう。

「Twitter」を使った浮気


Twitterは匿名性が高いことから、特に浮気に利用しやすいSNSだとされています。裏アカウントや鍵付きにすれば、そもそも発見できなかったり誰だか判別がつかないので、浮気がバレる確率が減らせるからです。

おもに、趣味や出会い系のアカウントで相手にDMを送ることから始まり、徐々に距離を縮めていくパターンが多いでしょう。もし、パートナーの浮気が心配なら、使いそうなアカウントでTwitter内を検索してください。例えば、ゲームで使うニックネームやメールアドレスの名前で検索すると見つかる可能性が高いですよ。

また、相手の友人のフォロワーから辿ってパートナーに近づくのも一つ。趣味のアカウントから、パートナーが携帯を使う時間帯で検索してみるとより効率的です。

「Facebook」を使った浮気


Facebookには、実際の名前や居住地、性別、勤務先、出身校などを載せている人が多く、昔の知り合いから不倫に発展するケースが多いとされています。

例えば、ずっと会っていなかった異性の友人や元恋人をFacebookで検索して、実際に会うなんてことも…。どちらかというと20代の若者というよりかは、30代などもう少し落ち着いた世代が使っている傾向があります。何となく真面目そうなイメージがあるからこそ、実は警戒するべきなのです。

まずは、パートナーが「いいね!」をたくさんしている投稿をチェック。そこから、異性や交友関係を調べましょう。特定の異性や明らかに見知らぬ異性からコメントやいいね!がたくさん来ていれば要注意。タイムラインや「Facebookグループ」などから浮気に発展するものも!

「Instagram」を使った浮気




Instagramは特に20~30代を中心に利用しており、写真を必須とするSNS。それ故に、写真がきっかけで浮気がバレやすいともされています。

例えば、浮気相手の投稿した写真に、パートナーの持ち物や身体の一部が写り込んでいることもありますよ!ほかにも、時間やタグ付けのタイトル、撮っている場所などで明らかに仕事の時間だったりするとほぼクロでしょう。パートナーが一人の写真でも、「誰が撮ったの?」と思う写真やもう1人いるようなものもあります。

さらにInstagramで多いのが、「匂わせ投稿」と呼ばれるもの。これは、不倫相手がわざと不倫をしている雰囲気を、本命に気づかせるような写真を投稿する事を指します。写真や文章などの違和感は見逃さないようにしましょう。

行動パターンの把握がポイント!


TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSで浮気をチェックするには、相手の行動パターンを把握しておくことが何よりも大事です。まずは、SNSに投稿した時間が仕事中であれば、職場近くの場所なのかという点をチェックしてみましょう。明らかに違う場所などを投稿していれば、かなり怪しいと言えますよ。

また、不倫相手のSNSでは食べ物や風景の投稿で、パートナーと同じような時間帯に同じような写真を載せていれば、明らかに一緒に居たということがうかがえます。

ほかにも、「特定の相手とのやり取りが多い」「いいねやコメントがある」なども要注意ですよ!相手の行動パターンを把握すればSNSと比べることによって、「実際に聞いた時と別の場所にいた」ことがきっかけとなり、浮気が発覚するのです。

SNSを使った不倫をしている男性にありがちな行動


Twitter・Instagram・FacebookなどのSNSで浮気をしている男性は、スマホを手放しません。ですから、ある時期からスマホを不自然に裏返したり、コソコソと触る時間が増えたりすると、それで浮気を見破れたりもします。他にも、「ロックをかける」「スマホを放置しないようになった」といった行動の変化でも、不倫相手が居る可能性が高く、様子見する必要があるでしょう。

また、パートナーのSNSがそもそも分かっていれば、特定の相手にだけコメントを残したりされているなどもチェックできますよね。内容次第では明らかに親密な関係が伺えるので、投稿や写真の中身なども注目してみて下さい。
たとえ、バレてSNS自体を一旦閉じたとしても、裏アカで続けている可能性があるので、長期的に観察する必要があるでしょう。

怪しいと思った時の対処法


では、明らかなものはないけれど、「ちょっと怪しいな…」と思った時はどうすればいいのでしょうか。まずは、根気よく見守ってみて下さい。なぜなら、確実な証拠がなければ、相手に強く主張することは出来ませんし、もし違う場合は関係がこじれるリスクがあるからです。

浮気相手と思われる人物を特定し、パートナーとの投稿を比較しながら、十分に証拠が揃ってから追及するようにしましょう。なかなか難しいといった方は、探偵や弁護士に協力してもらうのも一つの手です。

またゲーム好きな方なら、SNSだけでなくオンラインゲームで繋がっている可能性もあります。気が付かずにいると、不倫が進行して取返しがつかなくなる関係になることもあるでしょう。

まとめ


今やSNSは生活では欠かせない存在になりつつあります。手軽だからこそ、浮気や不倫に利用されることも少なくないのです。SNSがきっかけで浮気がバレるのは、投稿内容や繋がっている相手のメッセージなどからで、調査すれば浮気は明らかに…。

中には匂わせ不倫を思わせる、親密な関係のコメントなどを残してくる不倫相手もいます。ただし、不倫を直接指摘するのにはかなりのリスクが伴うので、確実な証拠を見つけられるまでは様子見するのがいいでしょう。

画像出典:istock

当記事はみのりの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ