まるで女友達!共感してくれる男子と結婚するとどうなる?

yummy!


まるで女友達!共感してくれる男子と結婚するとどうなる?

女友達に愚痴ったら「わかるわかる!」と共感してくれて気持ちがスッキリするのに、相手が男性だと「こうしたらいいんじゃない?」と解決策を提案してきて、余計にイライラが募るもの。
しかし、なかには女性よりも共感する能力の高い男性だっています。
そんな「共感力」の高い男性と見事に出会い、結婚するとどんなメリットとデメリットがあるのでしょう?

目次

共感力高い男子と結婚するメリットその1


仕事でうまくいかなかったとき、通勤途中で嫌なことがあったとき、
「今日ね、こんなことがあって」
と女友達や母親に話すときのように言葉をかけたら、彼は共感して慰めてくれることでしょう。
これは大きなメリットです。
男性脳と女性脳の違いについては、皆さんご存じのとおり。
女性が愚痴ったつもりでも
「こうしたらどうかな?」
とアドバイスしてくるのが男という生き物。
これを回避するためには
「これから話すのは愚痴だから、ただ『うんうん』って聞いていてくれる?」
と前置きする必要があって、これがどうしてもストレスになります。
それが必要ない!
ずいぶんと楽に思えますね。

共感力高い男子と結婚するデメリットその1


共感力の高い男性は、自分がするのと同じように、奥さんにも共感してくれることを求めているかもしれません。
「私だったらこうするかな」
と意見を伝えたつもりが
「自分だったらこういう時には共感してあげるのに、してくれないなんて」
と、怒られてしまうかも?
そんな、ちょっとめんどくさいところがある、というのがデメリットになりそうです。
そうでない男性と比べて、一回拗ねてしまったら、ごきげんを取り戻すのに苦労するかもしれませんね。
これはちょっと結婚を迷ってしまいそう。

共感力高い男子と結婚するメリットその2


学生時代の女友達と久しぶりに会う!というときに、仲良くしてくれるのも共感力の高い男性といいところ。
このご時世ですから、オンライン飲みを開催しても、夫に気を遣いすぎず
「○○ちゃんだよー、来て来て!」
と気軽に参加してもらいやすいんですね。
おかげで気軽に女友達とワイワイ盛り上がれます。
これは大きなメリット!

共感力高い男子と結婚するデメリットその2


女性の相談相手として、親身になってくれるし共感してくれるし……
そんなスペックを活かして、職場の後輩のお悩み相談を受けていたら、いつのまにか個人的な感情をもたれてしまっていた!
というデメリットも忘れちゃいけません。
彼本人にその気はなくても、ついつい後輩に共感・感情移入してしまって、あやまちにつながってしまう、なんて可能性も。
バレンタインと誕生日には、プレゼントをもらっていないか注意が必要です。

共感力の高い男子を見つけたら……結婚する?


いかがでしょうか。
共感力の高い彼との結婚、あなただったら前向きに考えられるでしょうか。それとも遠慮する?
もし、そんな彼と出会って結婚相手として意識し始めたら、ぜひチェックしてみてくださいね。
(廣瀬伶/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ