ヘンリー王子&メーガン妃「インヴィクタス・ゲーム」出席のためオランダに到着 欧州では王室離脱後初、揃って公の場

ヘンリー王子とメーガン妃が「インヴィクタス・ゲーム(Invictus Games)」に出席するためオランダの首都ハーグに到着した。夫妻はロサンゼルスを旅立った後、英国に立ち寄ってエリザベス女王やチャールズ皇太子と極秘面会していた。

オランダに到着したヘンリー王子メーガン妃は現地時間15日、「インヴィクタス・ゲーム」2022年大会の競技者のための特別レセプションを訪れた。

王子が2014年に設立し、現在もパトロンを務める国際スポーツ大会「インヴィクタス・ゲーム」は負傷した軍人のための国際スポーツ大会だ。第5回目となる本大会は現地時間16日から22日までの間、オランダの首都ハーグで開催される。

夫妻は2020年3月に王室離脱し米カリフォルニア州に移住して以来、ヨーロッパで公の場に揃って現れるのは今回が初めてとなる。

会場に現れたメーガン妃は「ヴァレンティノ」の白いパンツスーツに同色のハイヒールを合わせ、クリーム色のハンドバッグを持っていた。ヘンリー王子は白いシャツにネイビーブルのスーツ姿だ。

夫妻にはNetflixの撮影クルーが同行し、全ての瞬間をカメラに収めていた。本大会の様子は、Netflixと夫妻が運営する「Archewell Productions」の共同制作による初のドキュメンタリーシリーズ「Heart of Invictus」として配信される予定だ。

英メディア『Daily Mail Online』によると、夕日があふれる会場にヘンリー王子とメーガン妃が登場した途端、集まった競技者達から歓声と拍手が沸き起ったという。

その後、夫妻が競技者や家族達を招いたレセプション会場のテントに入ると、再び大きな拍手で迎えられた。2人はステージに案内され、メーガン妃が見守るなかヘンリー王子が短いスピーチを行った。

メーガン妃は18日にカリフォルニア州の自宅に戻る予定だが、ヘンリー王子は大会終了まで滞在し、閉会式でスピーチを行うことになっている。

夫妻はオランダ到着前に極秘で英国に立ち寄り、現地時間14日にエリザベス女王やチャールズ皇太子とお忍びで面会していた

『Daily Mail Online』の王室情報筋によると、2人はチャールズ皇太子に同日午前10時頃に会い、わずか15分ほど言葉を交わしたそうだ。皇太子に別れを告げた後は、エリザベス女王に会いに向かったという。

同日には、夫妻が乗ったとみられる黒塗りのバンと4WDがウィンザー城から出発する姿が目撃されていた。

画像は『Invictus Games Foundation 2022年4月15日付Instagram「Our Patron, The Duke of Sussex, and The Duchess of Sussex were warmly welcomed to the InvictusGames The Hague by Fenna Geugjes」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ