映画『浅田家!』二宮和也出演の実話!家族だからこそ面白い

Oh!My!ムービー

「家族っていいなぁ」と心底思える映画のご紹介です。
家族を温かな視点とユーモアで描く、中野量太監督の映画『浅田家!』。

家族写真がこんなに笑えて泣けるなんて。
何と言っても、お父ちゃん!
お父ちゃんのキャラがとにかく素晴らしいんです。
実在のモデルがいる浅田家のお父ちゃんに、何度泣かされたかわかりません。

「家族」を撮り続けている写真家・浅田政志と彼を支え続けてきた家族の実話。
浅田さんの撮る家族写真って、面白いし何よりも家族の温かみを感じられる作品ばかり。家族をもっと好きになれる、そんなきっかけを与えてくれるように感じます。

家族ってなんだろう?

浅田政志さんの写真集『浅田家』と『アルバムのチカラ』が原案のこの作品。

浅田家の次男である政志は、写真好きのお父ちゃんからカメラをもらってからというもの写真を撮るのが大好きになりました。
そんな彼は、お父ちゃんのある一言をきっかけに、家族全員を巻き込んで、消防士、極道、レーサー、泥棒、疲れたヒーローなどになりきって、その姿を撮影し始めます。これが後の写真集『浅田家』に。この写真が、もう最高なんですよ。

紆余曲折あった政志でしたが、そのユニークな「家族写真」が写真界の芥川賞と言われている木村伊兵衛写真賞を受賞!
受賞をきっかけに、日本各地から家族写真の撮影依頼が入り始め、写真家としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こります――。

原案にもなっている『アルバムのチカラ』。この本は、東日本大震災の津波で流されてしまった泥だらけの写真やアルバムを洗浄し、持ち主に返却する人々の活動を取材した記録です。

被災地で政志が目にしたのは、家族や家を失った人々の姿でした。写真家として自分に何ができるのか自問自答し続けた政志が見つけたものとは――?

写真のチカラ

本作は、主に二つのパートに分かれます。
政志がユニークな家族写真を撮るようになるまでの経緯を描いた場面と、東日本大震災で写真の持つチカラを信じられるようになっていく場面。

被災地で亡くなった家族の写真を見つけた遺族が、その写真を見ながら「久しぶり」と呟くシーン。
「記憶をたしかなものにしてくれるのが写真」という政志のセリフ。

写真はただ端に記録するだけではなく、人々の思い出を色鮮やかにそこに留めてくれるものなのかもしれません。そして、その人が確かにいたことを教えてくれるのだと思います。

【公開】 2020年

【キャスト・スタッフ】
 監 督:中野量太
 脚 本:中野量太
     菅野友恵
 出 演:二宮和也
     黒木華
     菅田将暉
     風吹ジュン
     平田満
     渡辺真起子
     妻夫木聡 他