『ファンタビ』エディ・レッドメイン来日 TV生出演で日本のファンは「世界中で一番情熱的」

8日から公開中の映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の主演俳優エディ・レッドメイン(40)が12日夜、東京・羽田空港に降り立った。コロナ禍で海外セレブの来日が阻まれてきたが、これはハリウッド超大作としてコロナ禍以降初の来日プロモーションとなる。エディ自身では3年4か月ぶりの5度目来日となる。エディは現地時間10日にロンドンで行われたイギリス演劇界で最も権威あるローレンス・オリヴィエ賞で舞台『Cabaret』で最優秀主演男優賞を受賞したばかりだ。

世界的な人気を誇る『ハリー・ポッター』の生みの親、J.K.ローリング自ら脚本を手掛ける映画作品として注目を集めている『ファンタスティック・ビースト』。シリーズ3作目となる最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が8日に劇場公開され、興行収入10.5億円超を記録するスタートを切った。

12日20時40分、『ファンタビ』シリーズで主人公のおっちょこちょいで人見知りの魔法使い“ニュート”を演じるエディ・レッドメインが、東京・羽田空港に到着。その姿を見せると、居合わせたファンらが熱烈に歓迎した。エディは赤いアウターをアクセントにしたカジュアルな装いで、ロンドンから15時間超という長時間のフライトにもかかわらずその疲れを感じさせない。丁寧に一人一人に手を振ると、時折歩みを止めながら声をかけたり、カメラに笑顔で手のひらを向けるサービスも。そして日本語で「ありがとう」と挨拶してファンを喜ばせると、「僕を迎えてくれてありがとう!」と感謝の言葉を残し、空港を後にした。

翌13日には、日本テレビ系情報番組『スッキリ』にユーラリー役のジェシカ・ウィリアムズと生出演したエディ・レッドメイン。そこで日本のファンは「世界中で一番情熱的だと思います」と述べたエディ。「たとえば昨日の夜、空港に到着しましたらものすごい数のファンがいました」と振り返った。また同日には日本のファンと過ごす「大ヒット御礼!来日記念パーティー」(ワーナー ブラザース公式YouTube、公式Twitter、LINE LIVEで生配信)が予定されているが、プロモーション稼働はこの一日限りとのこと。

同作では、ハリー・ポッターの先輩の魔法使いである主人公、シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュート(エディ・レッドメイン)とキーパーソンとなる“史上最も偉大な魔法使い”ダンブルドア先生(ジュード・ロウ)がマグルたちと寄せ集めのデコボコチームを結成。未来を見る能力を持ち、魔法界と人間界の支配を企む史上最悪の“黒い魔法使い”グリンデルバルド(マッツ・ミケルセン)を止めるために立ち上がる。なおグリンデルバルド役は前作までジョニー・デップが務めていたが元妻のアンバー・ハードとのDV騒動を原因に降板、マッツ・ミケルセンが同作から引き継いでいる。

画像3枚目は『スッキリ 2022年4月13日付Twitter「#エディ・レッドメイン さん&#ジェシカ・ウィリアムズ さん、笑顔の2人にトリコになりました。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。