「今年で一番泣いた」と話題、阿部寛×北村匠海『とんび』“愛”が詰まった家族写真解禁

dwango.jp news


幾度途切れても必ず繋がってゆく親子の絆を描く、重松清による不朽の名作小説「とんび」。今この時代にこそ届けたいと、初映画化が実現。主人公の破天荒ながら愛すべき父・ヤス役には、『テルマエ・ロマエ』『下町ロケット』などの大ヒット作で、圧巻の表現力と存在感を放つ阿部寛。ヤスの息子・アキラ役には、若手実力派の中でも突出した才能を発揮する『君の膵臓をたべたい』『東京リベンジャーズ』の北村匠海

さらに、多くの深遠な物語をエンターテイメントとして昇華させてきた監督・瀬々敬久の元に、薬師丸ひろ子安田顕大島優子麻生久美子、他豪華キャストが集結。これは、古き良き時代の物語にとどまらない、新たな時代への希望を予感させる、今、そして未来へ繋がる家族の絆の物語。映画『とんび』が4月8日に全国劇場公開された。

この度、親から子へ、子から親へ、そして次の世代へと繋がれていく“家族の愛”が詰まった家族写真が解禁となった。

先週8日に公開を迎えた本作だが、早速劇場を訪れた方たちからは「今年で一番泣いた」「会場が感動と共感に包まれていた」「不器用なお父さんの姿に涙が止まらなかった」との声が上がり、各レビューサイトでも続々と高評価が寄せられている。今回、本作の公開を記念して解禁されたのは、4枚の家族写真。その中の1枚に映されるのは、幼少期のアキラが愛する母・美佐子(麻生久美子)に抱きしめられ、幸せそうに笑っているようす。母・美佐子はアキラの事を海のように深く愛し、父・ヤス(阿部寛)も美佐子が息子に注いだように、真っ直ぐにアキラを愛した。

そして、二人の愛を受けて立派に成長したアキラは、同じ出版社に勤めるシングルマザーの由美(杏)と結婚する。由美の連れ子である健介と、アキラと由美の間に授かった娘・美月の二人の子供たちに、アキラは母と父に受けた以上の愛情を注いだ。写真では、由美と息子の健介が仲睦まじくピクニックをする様子や、ヤスが孫の健介を嬉しそうに肩車をしている様子。そして、ヤスとアキラと由美、健介と美月の3世代の家族が勢揃いした写真からは、世代や血の繋がりなどを超えた無償の愛をお互いに向けているようすが手に取れるようにわかる。この家族写真は、本作を鑑賞した人にはまた違った見え方をするだろう。

この家族写真を見ながら、本作で描かれた家族のようすを、また自分の家族のことを思い出してほしい。今、この時代にこそ届けたい、未来へつながる家族の絆の物語、映画『とんび』は全国公開中。

■映画『とんび』

大ヒット公開中
出演:阿部寛 北村匠海 杏 安田顕 大島優子 濱田岳 宇梶剛士 尾美としのり 吉岡睦雄 宇野祥平 木竜麻生 井之脇海 田辺桃子 田中哲司 豊原功補 嶋田久作 村上淳 麿赤兒 麻生久美子 / 薬師丸ひろ子
配給:KADOKAWA

(C)2022 『とんび』 製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。