金爆・歌広場淳が公式から完全抹消! 代役は“あのタレント”の可能性…

まいじつ

歌広場淳 
歌広場淳 (C)まいじつ 

不倫報道を受け、昨年に活動自粛を発表した4人組エアーバンド『ゴールデンボンバー』歌広場淳の存在が、完全に〝抹消〟されたとファンがザワついている。

歌広場は、11月10日配信の『文春オンライン』でA子さんと不倫の末、中絶トラブルを起こしていたことを報じられた。

この報道を受け、歌広場は自身のブログを更新。《家庭を持つ者として社会のルールや倫理に反する行動を取った自分を恥じ、深く反省をすると共に、自分自身を見つめ直して行く所存です》とコメントを残し、活動自粛を発表した。

しかし、その後も複数人の女性から二股告発や中絶告白が相次ぎ、SNSは大荒れ状態となっていたのだが…。

「『金爆』ファンが懸念していたのは、歌広場活動自粛後のグループ全体の活動です。予定していたクリスマスライブが中止になった代わりに、12月25日にファンクラブ限定生配信番組が放送されましたが、歌広場の姿はありませんでした。『ライブは当分やらないのではないか』という声もありましたが、運営は今年6月からファンクラブツアーの開催を発表。全10公演を予定しており、終演後は特典として2ショット撮影会を開催するなど、豪華内容にファンが沸いています」(音楽ライター)

公式から姿を消した歌広場淳…


ファンの懸念とは裏腹に、もはや通常運転と言っても過言ではない彼らの活動。そんななか注目されているのは、歌広場の存在感が希薄なことだ。実際に、ネット上では

《ゴールデンボンバーのYouTubeチャンネルのアイコンから歌広場淳がログアウトしましたwww》
《ついにYouTubeの金爆アイコンから歌広場が消えた》
《事務所、歌広さんを抹消してるなw もうどんなファンサービスをしても信用ないんだよな》
《ファンクラブ会報から歌広場が消えたわね》
《ボンバーさんにはやっぱりこういうハチャメチャなのがお似合いだね 歌広場いなくても成り立ってる気が…》
《結局、腫物扱いされてる歌広さん》

といった声が上がっている。

「最近では会員限定の〝春の会報〟の裏表紙を除くページにも、歌広場の姿がなかったことや、彼らの公式YouTubeチャンネルのアイコンが3人になっていたことがファンの間で話題に。また、4月1日から2日にかけ、新曲『マリアの肝臓』宣伝のため、3人で大阪から東京へ24時間宣伝カーを走らせ、大盛り上がりの様子を見せていました。実質、歌広場がいなくとも成り立っているグループの活動ですが、同日タレントのミッツ・マングローブが彼らの所属する『ユークリッド・エージェンシー』へ電撃移籍したことにも注目が集まっています。ミッツは今後、『金爆』とコラボする可能性についても言及しているため、歌広場の代役となる可能性も否めません」(同・ライター)



〝ゲス不倫〟のイメージを残し、芸能界から忽然と姿を消した歌広場。彼はどのような顔で生配信を見ていたのだろうか…。

当記事はまいじつの提供記事です。