映画『俺たちに明日はない』の原題は?センスが光る“映画の邦題”を掘り起こす

日刊SPA!

洋画のタイトルは、日本語に直訳したものから、原題をそのままカタカナ表記にしたもの、そして原題とはまったく異なる邦題がつけられたりと様々である。改めて掘り起こすと意外な発見や楽しさがあることは、フジテレビの伝説的深夜番組を企画してきた金光修氏の著書『あの頃、VANとキャロルとハイセイコーと…since 1965』からもわかる。

60年代以降のカルチャーを縦横に語った同書から、一部を抜粋して転載する。

◆センスある邦題は想像力が掻き立てられる

映画のタイトルは、カタカナより日本語のほうがぴんとくる。ヒッチコック監督の“REAR WINDOW”には「裏窓」、ワイルダー監督の“THE APARTMENT”には「アパートの鍵貸します」という邦題がついている。このおかげで、内容への想像力が掻き立てられ、親しみやすい作品としての印象が残る。しかし、00年代のメジャー映画のタイトルは、『タイタニック』『アルマゲドン』『グラディエーター』と原題をそのままカタカナにすることが多くなってきた。これを青少年の英語力向上と喜ぶことなのか、日本語の商標価値が低下したと嘆くべきか難しいところだ。

かつてはオードリー・ヘップバーンの“SABRINA”を『麗しのサブリナ』としたり、マックイーンの“LE MANS”を『栄光のル・マン』にしたように、原題にちょっとした日本語の形容句を付け加え、タイトルを作品のイメージに近いものにする方法がとられた。その例に倣って最近のカタカナタイトルに日本語をつけると「愛と絶望のタイタニック」「絶体絶命アルマゲドン」「皇帝への復讐グラディエーター」のようになるが、どうだろうか。この邦題例に違和感を覚えるとしたら、これらが大ヒット映画でカタカナのタイトルが耳になじんでしまっているという理由と、日本語はダサいとか格好悪いとかいうカタカナ至上主義の観点と、原題に忠実なほうが高尚であるというインテリ的な教科書的観点からだろう。しかし日本独自の邦題もなかなか捨てがたい味わいがあると思うので、過去の作品例から邦題について少しひもといてみたい。

◆50年代までは多かった漢字二字熟語の邦題

一九五〇年代までの名作には『喝采』『慕情』『哀愁』『旅路』『旅情』『望郷』などの漢字二字熟語のタイトルが多い。『喝采』の原題は「田舎娘」(“THE COUNTRY GIRL”)だし『哀愁』の原題は“WATERLOO BRIDGE”であるように、これらは元のタイトルとは関係なく作品内容からつけられた日本語のオリジナルタイトルである。少し商魂が見え隠れする題のつけ方のような気もするが、二字熟語にしたとたんに、大作を期待させる迫力と、人生の悲哀が感じられそうな気になるから不思議だ。その後も『追憶』『帰郷』『黄昏』などの二字邦題作が出たが、タイトル向きの二字熟語も無尽蔵にあるわけでもなく自然に廃れてしまったようである。

邦題の中には、原題を日本語に置き換えただけで様になるものがある。ジーン・ケリーのミュージカル映画の傑作『雨に唄えば』(“SINGIN IN THE RAIN”)やフランク・キャプラ監督のアカデミー作品賞受賞作の『或る夜の出来事』(“IT HAPPENED ONE NIGHT”)やフェリーニ監督の大作『甘い生活』(“LA DOLCE VITA”)やヒット作『ブリジット・ジョーンズの日記』(“BRIDGET JONES’S DIARY”)など、直訳しても立派な日本語タイトルとなり、その邦題が後々まで語り継がれるものも多い。

◆原題を“直訳できない”作品たち

しかし直訳したら意味不明なタイトルになってしまう原題もまた多い。例えば、ロビン・ウィリアムスが熱血教師を演じた心温まる作品の“DEAD POETS SOCIETY”を「死せる詩人の会」などと直訳したのでは、ホラー映画になってしまう。そこで『いまを生きる』という人間臭い邦題が必要になる。シャロン・ストーンの“BASIC INSTINCT”が、『氷の微笑』という邦題がつけば女性にも受け入れられそうなタイトルになる。また“THE GINGERBREAD MAN”が「生姜パンの男」という意味よりずっとわかりやすい『相続人』になったり、原題を訳しようがない“AS GOOD AS IT GETS”が『恋愛小説家』と見事な邦題になったりしている。また、この作品と同じ製作者による最新作“FINDING GORRESTER”でも原題にはない小説家という日本語を起用し『小説家を見つけたら』という邦題で前作からのシリーズ感を出す心憎いばかりの気遣いがされている。

数えきれない作品の中から、私にとって印象深い邦題をいくつか列挙してみる。まずは、モンティ・パイソンの鬼才テリー・ギリアムによる近未来ドタバタ映画の『未来世紀ブラジル』。原題の“BRAZIL”のままだとコーヒー映画かサンバ映画を連想してしまいそうだが、似合わない二つの単語の組み合わせによって、好奇心をそそる、頭に残るタイトルになった。妙に気になるタイトルの『去年マリエンバートで』という仏語の原題をそのまま日本語にした映画がある。その文学的な日本語タイトルの響きと、公開時の庭園を描いた白黒のポスター・デザインの素晴らしさで期待したが、内容はさっぱり理解できなくて寝てしまった。ヨーロッパ系の映画は、原題自体が文学的なので邦題もカッコよくなる傾向が強い。その行き過ぎた例がバルザックの原作『知られざる傑作』を映画化したフランス映画で、つけられた邦題が『美しき諍い女』。一見、詩的で高尚だが、<諍い>という字の読み方はルビを見て初めて知ったぐらいだから意味もわからなくて、諍い女がどんな女なのか想像つかなかった。

◆原題とは無関係ながらも素晴らしいタイトル群

一方、ハリウッド系は商売上手で、原題とは全く関係のない素晴らしい日本語タイトルがついた作品が数多くある。『恋人たちの予感』(“WHEN HARRY MET SALLY”)、『俺たちに明日はない』(“BONNIE AND CLYDE”)、『めぐり逢えたら』(“SLEEPLESS IN SEATLE”)、『天使にラブ・ソングを…』(“SISTER ACT”)など枚挙にいとまがないが、最近の邦題でのお気に入りは『メリーに首ったけ』(“THERE’S SOMETHING ABOUT MARY”)で、首ったけという日常では絶対に使わない死語を使ったのが成功で、内容に実にしっくりと合った気の利いた邦題だと思う。昔だと“ALL ABOUT EVE”が『イヴの総て』という色気のないタイトルになったが、そんな型にはまらない邦題のほうが面白い。その代表例は『死霊の盆踊り』をおいて他にないだろう。原題(“ORGY OF THE DEAD”=死の乱痴気騒ぎ)からして奇妙なこの作品の中身は、ほとんどが度肝を抜かれるほど下手クソな死霊の裸踊りのシーンだけの史上最低の映画である。それを盆踊りという言葉に置き換えたセンスはなかなかのもので投げやりな雰囲気が十分に伝わってくる。

奇妙なタイトルがついているけれど、作品自体も悪くないのが、スペインのペドロ・アルモドヴァル監督の一連の作品だ。『神経衰弱ぎりぎりの女たち』『バチ当たり修道院の最期』『アタメ、私をしばって!』など強い女性と情けない男性を面白おかしく描く作品とされていた。しかし近作の『オール・アバウト・マイ・マザー』によって、世界中のマスコミから絶賛されアカデミー賞外国映画賞を獲得し、押しも押されもせぬメジャーな監督になった。同時に、以前のような奇妙かつ秀逸な邦題はつけられなくなり原題をそのままカタカナにしたタイトルで上映された。少し残念な気がするが監督のせいではない。メジャーになると、なかなか遊び感覚で原題をいじるわけにはいかないのだろう。

このように邦題にも様々な性格がある。日本の作品の『心中天網島』が海外に行けば“DOUBLE SUICIDE”(二重自殺)になるように、日本で上映される映画に日本語がつくのは自然なことだ。だから、内容を正確に表し、タイトルだけで映画館に足を運びたくなるような邦題が増えることを期待したい。

―[あの頃、VANとキャロルとハイセイコーと…since 1965]―

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ