相葉雅紀『VS魂』で謝罪…批判続出「そりゃヒロミさんもブチ切れるわ」

まいじつ

相葉雅紀 
相葉雅紀 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

4月7日放送の『VS魂』(フジテレビ系)でスタッフがミスを犯し、『嵐』相葉雅紀が代わりに謝る一幕があった。視聴者はあってはならないミスだと批判している。

相葉らは大井競馬場でゲームに臨んでいた。セカンドバトルは「競馬場カートダービー」。ゲームをスタンドで見守った相葉や『バイきんぐ』小峠英二らは談笑していたが、風間俊介が右に目をやり「あれ?」と声を上げた。

競馬場の右側からカートが現れ、『ジャニーズWEST』の藤井流星と関水渚がゴールテープを切った。「急に来て…急に来た!」と相葉が驚く中、藤井は「リアクションがおかしい」とスタンドを指さした。

スタッフのミスを相葉が代わりに謝罪


競馬場スタンドの裏をスタートし、スタンド前でゴールするルートでゲームを展開する予定になっていたが、「スタッフの連携ミス」で、スタートしたことが相葉らに伝えられないまま藤井らはゴールしてしまったという。

相葉は「ごめんごめん、連携がうまくとれてなかったわ」とスタッフに代わって謝罪。藤井は「ぶっちゃけ、やりがいゼロ…」と嘆いた。番組はその後、藤井、関水のレースを改めて放送した。

落ち度のない相葉がフォローして場は和んだものの、視聴者はスタッフが犯したミスに激怒。同番組に出演したヒロミが出演者らを叱咤したこともあったが、視聴者は前身番組『VS嵐』ではこのようなミスは起こり得ないとし、番組に批判が相次ぐのも仕方ないと嘆いている。

《そりゃヒロミさんも今のVS魂のスタッフにブチ切れるわ…》
《スタッフの連携ミスなんて何も面白くない》
《みんなが優しいし笑いに変えてるから成り立ってるけどゲストの方にも迷惑かけるのは》
《流星くん、かわいそうー!ひどいー!》
《VS魂が面白くないんじゃなくて、VS嵐が面白すぎたんでしょうね、うん…》
《連携ミスは普通に悲しいし笑えないな…VS嵐時代からずっと見てきた側としてはこの緩さは残念すぎる。ナメないで欲しい》

相葉も損な役回りをさせられて気の毒だ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ