「鉄道沿線歩き旅」はどうなる?“改悪”ルール変更が指摘されるテレ東旅番組

アサ芸プラス


 ヤラセ無しのすべてガチで行われ、テレビ番組としては屈指の厳しさを誇っているテレビ東京の旅番組。ゲストが「本当に歩かされるとは思わなかった」「つらすぎるのでもう2度と出たくない」とこぼすことも珍しくない。だが、最近は“簡単になっている”と指摘されることもしばしば。

例えば、太川陽介と蛭子能収から、ぺこぱに受け継がれた「ローカル鉄道寄り道旅」は、情報収集のルールが変更され長距離を歩く可能性が少なくなった。

山崎弘也がメインになって再開した「街道歩き旅」もルールが変更され、バスを利用できるようになった。

これらの旅と同じく“イージー化”が指摘されているのが「鉄道沿線歩き旅」。以前はタイトルが「鉄道沿線ひたすら歩き旅」で、その言葉どおり線路沿いをひたすら歩いてゴールを目指すルール。第9回から、回数制限はあるものの鉄道を利用できるようなっている。

そんな鉄道沿線歩き旅が4月2日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で最新回第13弾が放送される。

「鉄道沿線歩き旅はテレ東旅番組の中でも屈指の厳しさで、福澤朗やゲストが苦しみながらも奮闘する姿が見どころになっていました。簡単になったことで、面白さが減ったと指摘する声があるんです。今回またもルール変更され楽チンな展開になったら…と心配する声が上がっています」(テレビ誌ライター)

第13弾は埼玉の大宮駅をスタートし、東武のアーバンパークラインを通って成田空港駅を目指す。日程は3日間。距離は100km。これまでと同じだ。

「鉄道を利用するルールも変わらないようです。番組HPによると、1日で利用できるのは最大2回。簡単になることはなさそうなので、安心して観られると思います」(前出・テレビ誌ライター)

ゲストは山之内すず、千原せいじ、黒谷友香、お笑いトリオ四千頭身の都築拓紀。苦しみながらもがんばる姿が楽しみだ。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。