「となりのチカラ」最終回「考えさせられる温かいヒューマンドラマだった」 “頼子”松嶋菜々子の「おばさん演技が素晴らしい」の声も

エンタメOVO


 松本潤が主演するドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)の最終話が、31日に放送された。

本作は、主人公の中越チカラ(松本)が「人を救いたい」と、人の話を聞き、中途半端に他人の問題に関わり、力になろうと奮闘する、新時代のヒーローを描いた社会派ホームコメディー。(※以下、ネタバレあり)

マンション内で火事が起きたとの連絡が入り、表に避難したチカラ一家。幸いぼやで済むが、管理人の星護(浅野和之)によると、火元となった603号室の住人・小日向(藤本隆宏)が自分で火を付けたのだという。

このところマンション内のトラブルメーカーとして名前が挙がっていただけに、マンション住民の道尾頼子(松嶋菜々子)は「理事会を開いて即刻出ていってもらいましょう」と息巻く。

いつもなら真っ先に首を突っ込んでいくチカラだったが、これまでの反省から余計なおせっかいはしないと宣言。そんなチカラとは対照的に、今回はチカラの妻・灯(上戸彩)が気になって仕方ない様子だ。

そんな中、頼子の宣言通り、理事会が開催され、半ば無理やりの「全会一致」で小日向に退去勧告をすることが決定する。チカラは頼子を説得しようとするが、不調に終わる。

やがて、これまでのぼやや水漏れなどは、全て小日向が自ら命を絶とうとしていたことが原因だったことが分かる。なんとか小日向を救いたいと考えたチカラは、小日向の部屋のポストに手紙を入れるが…。

放送終了後、SNS上には、「家族は大事だと改めて感じた」「『答えがほしいんじゃない。ただ、話を聞いてほしいだけ』という言葉に共感した」「考えさせられる温かいヒューマンドラマだった。チカラくんみたいな人がもっといれば世の中が少しでも変わるかもしれない」などの感想が寄せられた。

また、チカラを演じた松本だけでなく、脇を固めた上戸やソニンらの演技力も話題に。特に、物事をなんでもズケズケと言ってしまう頼子役の松嶋について、「おばさん演技が素晴らしい。おばさんの押しつけがましさ、強いのにかわいいところが魅力的に見える」「まさに怪演」といった声が集まった。

当記事はエンタメOVOの提供記事です。