松本潤『となりのチカラ』クランクアップ 妻役・上戸彩に感謝「こんなにあったかい人はいない」

クランクイン!

 3月31日に最終回の放送を控える俳優・松本潤主演ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)にて、松本がクランクアップを迎え、今作にかけた思いを改めて語った。

『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』などで知られる遊川和彦が脚本と演出を務める本作は、思いやりと人間愛にあふれたちょっぴり《中途半端な男》が、孤独に生きる現代人の心を救う…!?社会派ホームコメディー。

本作ではおなじみとなったマンション前の広場でクランクアップを迎えた松本。照明部、撮影部、衣装、メイク…と各部署のスタッフを丁寧に労った後、今作の脚本・演出を手掛けた遊川にも、「これが遊川さんの考えている世界なんだ、っていうのを知ることができて面白かったです。とことん話をして、自分が納得するところまで人に気を使いながら説明して、戦って…というのを間近で見られ、ものづくりってこういう風に作ることが大事なんだと感じられました」と感謝の言葉を。

そして初共演にして夫婦を演じることとなった灯役の上戸彩には、「こんなにあったかい人はいない。高校の頃から知っていて今回初めて一緒に仕事しましたけど、すごく支えてもらって、あったかい気持ちにさせてもらいました。灯ちゃんが上戸さんでよかった」と賛辞を送った。

さらに「この作品を見てくださった方が、“わかる”って思ってくれたり、何かの救いになってくれたり、新たに踏み出す一歩に、そんなきっかけになってくれたらと願っています」と語った松本。「『となりのチカラ』という作品が、皆さまにとって思い出深い作品になっていただけたらと思います」と呼びかけ、約4ヵ月にわたった撮影に終止符を打った。

ドラマ『となりのチカラ』最終回拡大スペシャルは、テレビ朝日系にて3月31日21時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。