1週間で平均3kg減量できる。食事と食事の間隔がポイントの【簡単ダイエット】

beauty news tokyo


痩せ効果はもちろん健康面でも好影響と注目されているファスティング。そんなファスティングの中でも特に「安全で効果も高い」と言われているのが、食事と食事の間隔がポイントの「インターミッテント・ファスティング(断続的断食)」になります。それでは、1週間で平均3kg減量できるされている【簡単ダイエット】について詳しく見てみましょう。

インターミッテント・ファスティングのメリット


ファスティングといえば「数日間断食する」というのが一般的なイメージですが、インターミッテント・ファスティングは“毎日断食”します。

LAの栄養士メリル・プリチャード氏によれば「一般的に食べている時、消化している時、吸収している時は常にインスリンレベルが高く痩せませんが、食後12時間経過するとインスリンレベルが低下して痩せる時間に変わる」そう。つまりインターミッテント・ファスティングは“食後12時間経過した痩せる時間”を活かすダイエット法と言えるのです(インスリンレベルが低下するとノルアドレナリンなど脂肪燃焼効果の高いホルモンのバランスがアップするため)。

また、インターミッテント・ファスティングを行うと消化のために使われるエネルギーが1日中食べる時よりも温存され、そのエネルギーは脂肪燃焼へと使われるようになっていくため、脂肪燃焼効果が高いのも特徴。さらに、実践することで細胞補修や再生も促進され、肌の状態が良くなったり、免疫力アップにつながったりといったメリットを期待できるとも言われています。

インターミッテント・ファスティングを正しく実践する方法


インターミッテント・ファスティングの基本ルールは「1日の中で食事と食事の間隔を14~16時間つくる」というのが1つですが、やり方は様々です。

中でもメジャーな「8時間ダイエット」は食べる時間(朝食のスタートから夕食を食べ終わるまで)を8時間以内にセッティングして、食べない時間を16時間以上作るというもの。8時間の間であれば、どんな食事でもOKでカロリーは気にしなくても良いとされています(とは言え、高カロリーな食品をたくさん食べてしまうのはNG)。また、食べない16時間の間は食事は厳禁ですが、ブラックコーヒー、お茶、お水は飲んでもOKです。

この「8時間ダイエット」の他にも、2週間に1回、24時間のファスティングをする「EAT STOP EATダイエット」、1週間のうち5日は普通に食べて、残りの2日は1日の摂取カロリーを500~600kcalに調整する「5:2ダイエット」などがあるので、自分のライフスタイルに合わせて実践しやすい方法を見つけてみてくださいね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ