ホラン千秋、シソンヌ長谷川に「身の丈を知れ」【菊池風磨の許せないTV】

3月19日(土)放送の「菊池風磨の許せないTV」(13:30~14:30フジテレビ)では、MC菊池風磨、シソンヌ長谷川忍はじめ、ゲストにホラン千秋が登場。この世に蔓延る「許せない!」をテーマに菊池風磨が試行錯誤する。

ホラン千秋、感銘を受けたエピソードとは…

「箸袋にサインをくれと言われるのは嫌」というシソンヌ長谷川。
普段は捨てる箸袋にサインを書いてもどうせ捨てられると考えており、サインを書く前から嫌な気持ちになるのだそう。

そんな長谷川に対し「それを許さないといけない理由が私にはある」とホラン千秋。
ホラン千秋は、以前明石家さんまが話していたあるエピソードの影響を受けたのだとか…。

ある日、箸袋を持った男の子に「サインして」と言われた明石家さんまは「失礼だな」と思いながらもサインを書いてあげたのだそう。
20年後、その時の男の子が青年となって現れ、大切そうに箸袋に書いたサインを見せてきた。
感動した明石家さんまは、それ以来どんなものにでもサインをすると誓ったというエピソードだ。

ホラン千秋大激怒、シソンヌ長谷川が餌食に

ホラン千秋はこのエピソードにとても感銘を受けたらしく、「箸袋にサインはしたくないとか器小さい」「さんまさん以外の人がアレを許せないなんて身の丈を知れ」と長谷川を大バッシング。

ぐうの音も出ない長谷川に「さんまさんが書けるのに、なんでお前が書けないんだ」と、追い打ちをかける鬼のようなホラン千秋だった。