『四千頭身』まさかの再評価!? 第7世代のプライドに感服「戦い続けてる」

まいじつ

四千頭身 後藤拓実 
四千頭身 後藤拓実 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

「つまらない」「何を言ってるか分からない」など、ネット上で散々な評価を浴びるお笑いトリオ『四千頭身』。そんな3人が、ここへ来て再評価されているようだ。

3月17日、「四千頭身」は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。

この日のテーマは「第7世代、その後…」で、スタジオには「お笑い第7世代」と呼ばれた芸人たちが多数集結した。

一同は第7世代のくくりで瞬く間にブレークした2019~2020年頃を振り返りつつ、ブームが落ち着いた現在の心境や活動の変化を告白。第7世代の提唱者である『霜降り明星』せいやはこのくくりに否定的で、「最近、テレビで第7世代という言葉が使われなくなっている」「今日で解散しよう」とまで言い出すが、『EXIT』兼近大樹は「第7世代の炎は消えてない」などと熱く語る。

これに対し、「四千頭身」の後藤拓実は兼近寄り。何でも「第7世代と真摯に向き合った」とのことで、自身の歴史を語り始めた。

後藤は「芸歴2年目とかで『第7世代だ』みたいな感じで、6年目まで来て」など、「四千頭身」としての活動より第7世代としての活動の方が長いと告白。石橋遼大は「何をなくそうとしてくれてんだって話です」と、解散を掲げるせいやに対して物申した。

第7世代に誇りを持つ『四千頭身』を再評価?


都築拓紀も、「第7世代がとても叩きやすい状況に入ったんですよ」と述べるせいやに同調し、「今、炎上率No.1です」と吐露。石橋は補足として、「『めちゃくちゃウケたな』って時も、『何か今日の有吉甘くねえか?』みたいな」と、批判もされやすい状況だと嘆いた。

しかし、第7世代を解散するか否か出演者にアンケートを取った際、「四千頭身」は出演者の中で唯一、トリオ全員が〝継続〟に投票。こうしたエピソードに対し、ネット上には

《四千頭身、色々言いたいのにグッと飲み込んで、あの場で俺たちに第7世代なかったら終わりなんすよ!っていうスタンスを取って魅せれるのほんと凄すぎると思うけどな》
《今は揶揄されている第7世代という言葉から逃げることなく戦い続けてる四千は偉いと思う》
《四千頭身が第7世代を解散したくないのは、第7世代という括りに入れられたことに対して1度も文句を言わず、その看板を背負って叩かれてもずっと戦ってきたからだと思う》
《四千頭身が3人とも誰も第7世代を解散したくないと言ってるの、第7世代に縋ってるとかそうゆうのじゃ一切なくて、第7世代で取り憑かれているけど第7世代に生かされてるからこそ絶対逃げずに逆転することを完遂したいと全員マジで思ってるんだと思うよ》

など、称賛が相次ぐ。批判されやすい状況に陥ってしましながらも、なお第7世代への帰属心を示し、せいやのように逃げようとせずに向き合う姿勢が評価されたようだ。

散々だった評価も、これを機に爆上げのコペルニクス的転回か?

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ