『妻、小学生になる。』『凪のお暇』コラボに驚きの声 「武田真治ママ出てきたーー」

クランクイン!

 俳優の堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)の第9話が18日に放送。ドラマ『凪のお暇』(同系)で武田真治が演じたスナック「バブル」のママ・中禅寺森蔵が出演した。

『凪のお暇』は2019年に黒木華主演で『妻、小学生になる。』と同じTBS「金曜ドラマ」枠で放送された連続ドラマ。両作品とも脚本を大島里美が務め、プロデュース、演出陣の多くも同じスタッフが務めている。

武田演じるママは、寺カフェ「喫茶たいむ」の客として登場。マスター(柳家喬太郎)に“見て”もらおうとするが、雑にあしらわれ、「雑じゃない?」「ちゃんと見てほしいの。最近右肩に何かずしりと乗っかかるような重みがある」と訴えるが、マスターは「気のせいね」とピシャリ。

ママは「教えてほしいの。仕事運とか恋愛運とか」と食い下がるが、マスターから「終わりよ!」と言われ、「二度と来ないわ」と捨てぜりふ。「評判と違ったわ」と店を後にするのだった。

実は『凪のお暇』公式ツイッター(@nagino_oitoma)では、放送前から出演を匂わすツイートを連投。「皆さんお元気? なんだか悩ましい日々が続いてるわね。こう毎日忙殺されてると先が見えなくなったりして、アタシも最近肩が重くて…霊でもついてんのかしら…?」「…だからちょっと、行ってくるわね」と「喫茶たいむ」の前に立つ姿をツイートしていた。

出演シーンが終わった後には「噂聞きつけて行ったのに~ 邪険にされてしゃくだから、中禅寺カフェ始めるわ」と「寺カフェ」のカウンターに立つママの写真をアップし、マスターとの2ショットも投稿した。

視聴者からは「武田真治ママ出てきたーーーーー」「凪のお暇の武田真治だ!」「突然の武田真治w」など驚きと歓喜の声が上がっていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。