続けるほど代謝が上がる。1日1セット【脂肪のつきにくい体に導く】簡単習慣

beauty news tokyo


“脂肪のつきにくい体”を理想とするところですが、そのためには日常生活を送っているだけで痩せられる代謝の良い体を手に入れることが必須となります。そこで習慣に採り入れたいのが、凝り固まりやすい太もも周りや背中周りの筋肉の柔軟性を上げるヨガの簡単ポーズ【プラサリータ・パードッターナーサナ】です。

プラサリータ・パードッターナーサナ


左右に開脚して体を伸ばすことで太もも周りや背中周りの筋肉を一気にストレッチ。続けるほど体の可動域が広がり、血行も促進されて代謝が上がっていきます。また、下半身のむくみや冷えを予防&改善する効果を期待できるのも魅力です。

(1)足裏でしっかりと床を押すようにして直立し、息を吸って両腕と両脚を横に大きく広げる



▲上半身を引き上げるようなイメージで、背筋を真っ直ぐに伸ばすよう意識します

(2)息を吐きながら両手の指先を床に着け、上半身を曲げていく



▲上半身は真っ直ぐキープしたまま、股関節から倒していきます

(3)ひじと頭ができる限り床に近づいたところで20秒間キープする



▲床に手が着かない場合はブロックなどで補助してください。また、できる人は完全にひじと頭を床に着けましょう

(4)床に手をつけたまま両脚を内側に戻していく



(5)両脚のくるぶしがくっついたら上半身を上げて直立姿勢に戻る



期待する効果をきちんと得るためには「足裏でしっかり床を踏みしめて上半身を引き上げるように意識すること」がポイント。また、大事なのは上半身を深く曲げることよりも「背筋が伸びたままをキープすること」です。

凝り固まりやすい太もも周りや背中周りの筋肉がほぐれることで、脂肪のつきにくい体になっていくだけでなく、姿勢も整いますし、下半身も引き締まっていきます。ぜひ習慣化してみてくださいね、<ヨガ監修:KEI(インストラクター歴3年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。