ベラ・ハディッドの母ヨランダに非難殺到「14歳の娘に整形手術をさせるなんて」

モデルのベラ・ハディッド(25)が14歳で鼻の整形手術を受けたと告白したことを受け、彼女の母ヨランダ(58)に「手術を許可するなんて」と非難が殺到した。元モデルのヨランダは何度も整形手術を受けているが、娘達への整形疑惑については完全否定していた。

ベラ・ハディッドは米版『VOGUE』4月号のインタビューで自身のメンタルヘルスやボディイメージについて悩んだことを激白し、スーパーモデルとして活躍する姉ジジ・ハディッド(26)と自分を比較し続け「自分は醜い方の妹」と感じていたことを明かした

ベラは過去に唇へのフィラー注入疑惑が囁かれたが、2018年には米誌のインタビューできっぱりと否定していた。しかし今回、14歳の時に鼻の整形手術を受けたことを認め、「できれば先祖から受け継いだ鼻を残したかった」と後悔の念を表した。

これを受け、SNSではベラの母ヨランダ・ハディッドに非難が殺到し、「14歳の娘に整形手術を受けさせるなんて」といったコメントが相次いだ。

元モデルでオランダ出身のヨランダは自身も多くの整形手術を受けたと明かしてきたが、2019年には娘達の整形疑惑を完全否定していた

しかしSNSでは整形手術を許可したヨランダに対し、このような意見が飛び交った。

「14歳の子が、ただ単に整形手術をしたいと思うわけがないわ。ある特徴を何度も指摘されて、不安に苛まれるほどにならない限りね。」

「14歳で鼻の手術を受けるなんて、若すぎる。ヨランダは子供を持つべきじゃなかったのよ!」

「ベラが14歳で初めて鼻を整形したなんて。ヨランダは危険人物だよ。」

「彼女は良い母親だとは言えないな。」

「ヨランダは2人の娘、特にベラにひどいことをした。14歳で鼻の整形をさせるなんて大問題だよ。娘達にした仕打ちとして地獄に落ちるぞ!」

こういった声のほか、過去にヨランダとジジが出演した米リアリティ番組『ザ・リアル・ハウスワイヴズ・オブ・ビバリーヒルズ』のある場面に言及するコメントも届いた。

そのシーンとは、ジジが自分のバースデーケーキの一切れを食べたがっているのに対し、ヨランダが「ベストな体重をキープするように」とプレッシャーを与えていたものだ。

これに対し、あるツイッターユーザーは「ヨランダは、ジジが自分のバースデーケーキを食べることを嫌がったのに、14歳の娘の鼻の整形手術を承認して許可証にサインしたのね」と批判した。

ちなみに米国では美容整形をめぐる具体的な法律はなく、鼻形成術は鼻の成長が90パーセント完了した時点で受けることができる。そのため女の子の場合は早くて13歳頃から施術が可能という。

画像は『YOLANDA 2021年9月26日付Instagram「Being a single mother raising young children can be overwhelming at times but please remember that the time you invest will come back to you a thousand times…」』『Bella 2022年3月16日付Instagram「Main Photo」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。