金子恵美、銭湯のイスに嫌悪感 「お尻つけたくない」と理由を語る

しらべぇ




15日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、金子恵美が「銭湯のイス」に嫌悪感をあらわにした。

■「触るのが嫌なもの」をトーク


図書館や古本を触れないという子供に悩んでいるという母親を紹介した15日の『バラいろダンディ』。出演者が「私のちょっと触るのが嫌なもの」をトークする。

金子は「銭湯のイス」を挙げる。ふかわりょうから「補足しますと、金子さんの自宅のお風呂場にはイスがない」と聞かれると「ないです」と話す。さらに「どうやって髪を洗うんでしたっけ?」の質問には、「正座をしたり…」と語った。

関連記事:金子恵美、夫・宮崎謙介氏の寝言を告白 「荻窪じゃない、中野のキャバクラ…」

■お尻をつけたくない


金子は銭湯のイスに触れたくない理由について「皆さん座っているので、座らなきゃいけないんだろうなと。体育座りでもいいかなと思うけども、座らなきゃなきゃいけないと思って、座ろうと思うんですけど、あの表面にお尻をどうしてもつけたくなくて」説明する。

続けて、「まずすごい大量、大量って言ったら悪いかも。シャンプーを乗せて、水圧でバーって洗います、いつも」と語る。その後大衆浴場のお湯は大丈夫だが、「イスはダメ」とコメントした。

■ふかわも理解を示す


話を聞いたふかわは「イス自体に抵抗があるっていうのはね、私もねプールに行くでしょ。更衣室にベンチ、おじさんがそこを(全裸)で直座りするんですよ」と話す。

そして、「おじさんの肛門のスタンプが押されているんですよ。そうすると至るところにスタンプが見えてくると言うか。そこは抵抗がありますね」と金子の心情に理解する。

そんなふかわは「ポンプ型アルコール消毒液の押す部分」とコメント。ダイアナ・エクストラバガンザは「エレベーターのボタン」を挙げていた。

■4割が潔癖を自覚


『バラダン』出演者が挙げた「触りたくない」もの。納得した視聴者もいたようだ。

Sirabee編集が全国の20~60代の男女1,387人に実施した調査で、「潔癖だという自覚がある」と答えた人は43.0%。半数は下回ったものの、少なくない割合といえるのでは。



施設側も清掃をしっかりしているものと思われるが、金子にとって銭湯のイスは、「汚れている」と感じさせるものであるようだ。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ