「ラーメン二郎」小麦高騰で一部店舗値上げも、記者が気づいた“企業努力”

しらべぇ




「価格改定のお知らせ」──。いま、全国の「ジロリアン」がこの文言に恐れおののいている。

3月11日、神奈川にある「ラーメン二郎湘南藤沢店」が16日からラーメンを70円値上げすることを告知。その約1週間前の3月6日には、「ラーメン二郎小岩店」も商品価格を8%ほど値上げすると発表していた。

「値上げラッシュ」が続き、二郎おなじみの行列はどうなっているのか。店舗に足を運ぶと、意外な結果が…。

【写真】全ジロリアンが泣いた「悲報」

画像をもっと見る

■「山盛りスタイル」が人気


ラーメン二郎は、黄色に黒文字の看板で全国各地にお店を構える人気ラーメンチェーン店だ。麺がうどんのように太く、丼には麺を覆いつくすほどの野菜が盛られた「山盛りスタイル」は誰もが知る二郎の常識。

さらに、お店のスタッフから「ニンニク入れますか?」と聞かれ、任意で背脂やニンニクなどのトッピングを無料で選べる「コール」で自分好みの一杯を食すことができる。デカ盛りながら、お値段は店舗によって多少の違いはあれど、小ラーメン(小でも通常のラーメン店の大盛りに匹敵する)が600~700円ほどとリーズナブルな価格でお腹を満たせる。そんなコスパのよさもあり、熱狂的なファンも多い。

関連記事:丸亀製麺、14日からうどん全品「麺が無料で増量」 これは最高すぎる…

■小麦粉高騰の影響か


そんな二郎の中でも、人気の2店舗が値上げに踏み切った。小岩店は公式ツイッターで、「昨今の原油高、コロナウイルス蔓延の影響による仕入れコスト高騰のため、現行の価格体系を維持するのが困難な状況になりました」と投稿している。

昨年から多くの食材が値上げしているが、特に麺の原料となる小麦粉は、ウクライナ戦争の影響もあって、その影響を顕著に受けているのだ。二郎といえば、その人気の高さからお店の前に大行列ができることで有名だが、今回の「値上げ宣言」を受けてどうなっているのだろうか。

■小岩店に足を運ぶと…




3月中旬の午前11時、大の二郎好きの記者は小岩店に足を運んだ。「ジロリアン」として、真相を確かめないわけにはいかない。お店の前に着くと、並んでいたのは4人だけ。

やはり、値上げの影響で客足が遠のいてしまったのか…。そう思いながら、後ろを見ると少し離れたところに列が。



そうだよな…そんなわけないよな…! 記者は心の中で二郎に謝罪した。小岩店は午前10時30分にオープンするが、開店してわずか30分で、しかも平日のお昼前にも関わらず20人ほどの列ができていた。1週間前の「悲報」は影響しなかったのだろうか。

■値段が変わらない理由




お店に入って食券機を見ると、小ラーメンが790円。あれ…。3年前にきたときと変わっていない。値上げに踏み切ったのではなかったのか。ある常連客はその理由を語る。「私も気になってお店の人に聞いたんです。なんでも、店主が『ギリギリまで価格を維持したい』んだとか…」(常連客)。

値上げ公表から1週間経っても、お店に足を運ぶ人たちのために、できることをしたかったのかもしれない。



そんなお店の努力を感じながら、記者は小ラーメンを注文。コールはニンニク少し、ヤサイカラメ。野菜も豚肉も質を落としたり、量を減らすことなく、どちらもこれでもかというくらいたっぷり盛られ、今回打撃を受けた麺も丼にギッシリと詰まっていた。

小岩店は8%ほどの値上げを検討しているため、いずれ850円程度になることが予想される。だが、厳しい状況でも努力を怠らないお店の姿勢を考えると、一概に「高い」とは言い切れない。




当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ