野呂佳代&秋元才加、AKB48同期共演 『メンタル強め美女白川さん』共演キャスト発表

クランクイン!

 モデル・女優の井桁弘恵が主演するドラマ『メンタル強め美女白川さん』(テレビ東京系)より、追加キャストとして野呂佳代、佐藤龍我(美 少年/ジャニーズJr.)、東野絢香、秋元才加の出演が発表された。

獅子による同名コミックをドラマ化する本作は、「私は私、可愛く、強く!」をモットーに生きる“メンタル強め美女”白川さんに、そっと背中を押される女性たちの姿を描く痛快サプリメントドラマ。仕事仲間や女友達のマウント、嫉妬や嫌がらせ、SNSでの誹謗中傷など、女性を苦しめるプチストレスがあふれかえっている現代社会を、笑顔と自己肯定感たっぷりの返しで華麗にかわしていく最強美女・白川さんを井桁が演じる。

白川さんと同じ営業事務で、経理担当として働く町田杏花役には野呂佳代。穏やかで周囲から愛される癒しキャラだが、実は周りの言葉に傷ついてしまう繊細な心の持ち主だ。白川さんの部署に配属された新入社員の倉橋和樹役には、佐藤龍我(美 少年/ジャニーズJr.)。真のスイーツ好きで一人の時間を楽しんでいるが、大人数で盛り上がるのが苦手。会社の先輩から誘われる飲み会や合コンに苦痛を感じ、“男らしさ”とは何か?と悩める今ドキ男子を演じる。

倉橋くんと同じ新入社員・朝比奈林檎役にふんするのは、東野絢香。何事にも一生懸命で頑張り屋さんだが、シャイな性格とコンプレックスからいつも声が小さくなってしまう。そして、町田さんの同期で白川さんと同じ営業事務として働く梅本カンナ役には秋元才加。仕事ができて、周囲からの信頼も厚い姉御肌。自分と正反対でチヤホヤされる白川さんが面白くなくて冷たく接してしまう、というキャラクターだ。

野呂と秋元は同じAKB48の2期生で、今作で同期共演が実現。野呂は秋元について「芸能人生の始まりを同じにスタートして、共に頑張ってきた姉妹みたいな存在です」といい、「絶対同じ作品に出る事がないんだろうなと思っていましたが、今回元チームメイトという事を関係なくオファーしてくださったスタッフさん達にとても感謝しています」と語る。一方秋元は「まさかAKB48時代の同期の野呂佳代ちゃんとがっつりお芝居することになるとは思っていなかったので、そこは驚きましたね(笑)」と話している。

本作への出演に際し、佐藤は「僕は今まで学生の役しか演じたことがありませんが、倉橋くんと同じように新入社員という気持ちは同じなので、僕にしかできない倉橋くんを演じられるよう精一杯頑張ります!!」とコメント。東野は「人それぞれが日常の中で抱えている、小さな悩みや迷い。日々戦い、生き抜く中でたくさん出来る生傷を、少しでも取りこぼさず、丁寧に労ってあげられるような温かい作品にしていきたいです」と意気込みを語っている。

なお、木下真梨子プロデューサーは「撮影現場では白川さん役の井桁弘恵さんも含め、5人が揃うと笑いが絶えず、抜群のチームワークで撮影に励む姿は、もう白川さん、梅本さん、町田さん、倉橋くん、林檎ちゃん、そのものです」とメッセージを寄せている。

ドラマParavi『メンタル強め美女白川さん』は、テレビ東京系にて4月6日より毎週水曜24時30分放送。Paraviにて3月30日21時より毎話独占先行配信。

追加キャストコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>
■野呂佳代
オファーいただいたこと、とても感謝しています。監督さん、プロデューサーさんが教えてくださったんですが、町田さんは野呂さんがピッタリだと思いましたと言ってくださって、思い出してくださることがとてもとても嬉しかったです!

原作を読んだ時、私の仲良い友達に白川さんのような振る舞いの素敵な子がいるので、すぐにその子みたいって思いつきました。色々な素敵な生き方があるということが伝わればいいなと思います。

私が演じる町田杏花さんは、今流行りの言葉でいうと、繊細さんなのかなと思います。優しくて、素直で、元々は明るい人です。けど、気づきすぎてしまうという事を、自信のなさからプラスに持っていけなくて、自分を隠して明るく振る舞ってしまい、結果を出せない事に苦しんでしまう…。とても悪循環なマインドを持っている方です。実は、私も町田さんに似ているところは結構あります。なぜなら、町田さんのセリフの中に以前自分が思っていた事や、行動があったからです。しかし、似ていないところもあります。私は町田さんより自我が強いので、ブレないで貫いている所があります(笑)。町田さん、私ならこういう時はこう言っちゃうよ!といつも脚本を読みながら町田さんと野呂さんが戦っています(笑)。

主演の井桁弘恵さんは、前からテレビを見ていて、なんって笑顔の可愛い子なんだ!と勝手に注目していました。ドラマで共演できると聞き、可愛い笑顔を生で浴びてみたいなー!と思いながらいましたが、一度会ったら虜ですね!素敵な所が沢山あり、毎日新しい魅力を発見している所です。そして、今回とっても嬉しかったのは、秋元才加との共演です。芸能人生の始まりを同じにスタートして、共に頑張ってきた姉妹みたいな存在です。絶対同じ作品に出る事がないんだろうなと思っていましたが、今回元チームメイトという事を関係なくオファーしてくださったスタッフさん達にとても感謝しています。

人それぞれ違う感じ方や生き方がありますが、自分が悩んだりしてる時、キラキラしたあの人はどんなマインドで生きてるんだろうって気になった事は誰でもあると思います。そんな感覚でこのドラマを見ていただきたいです。白川さんをみた次の日は、もっとキラキラした自分に会える、そんなドラマだと思います!!ドラマではありますが、色々な生き方をみて、自分をプラスに持っていくのもいいのではないかな!と私は思います(^^)

■佐藤龍我(美 少年/ジャニーズ Jr.)
原作を読ませていただいて、幸せな気持ちというかポカポカな気持ちになりました。白川さんの考え方が僕は大好きです。こんな素敵な作品に出演させていただけると聞いて、この作品を多くの人に知ってもらい僕と同じ共感をしてもらえるように頑張ろうと思いました。

倉橋くんは、人のいいことを見つけるのが得意で、男女関係なく人は人で見ています。フワフワで可愛らしい性格ですが、自分の意志や意見をきちんと持っているので、そんな倉橋くんを僕は尊敬しています。

また、スイーツが大好きなところが共通点でもあります。僕もスイーツが大好きなんです!この期間太らないか心配です。

僕は今まで学生の役しか演じたことがありませんが、倉橋くんと同じように新入社員という気持ちは同じなので、僕にしかできない倉橋くんを演じられるよう精一杯頑張ります!!いつもスイーツを食べているのでそこに注目してください!そして、そんな倉橋くんにも悩みがあり、その悩みをどう乗り越えるのか、皆さんお楽しみにしていてください。

■東野絢香
原作と脚本を読み、どの物語も温かく心の栄養になるようなお話ばかりで、心がぽかぽかしました。

私が演じる林檎ちゃんは、自分に自信が持てなかったり、容姿や性格にコンプレックスを抱いたりしている子。

だからといって人のせいにしたり、妬んだりする事は一切なく、素直に人を羨ましいと思える、真っ直ぐで素敵な女性です。

出演者の皆さんは強くて美しくて素敵な方ばかりで、初日から大好きになりました。

人それぞれが日常の中で抱えている、小さな悩みや迷い。日々戦い、生き抜く中でたくさん出来る生傷を、少しでも取りこぼさず、丁寧に労ってあげられるような温かい作品にしていきたいです。

■秋元才加
白川さんの優しさとしなやかな強さ。原作を読んだ後、前向きな気持ちになれた私がいました。同性として共感できる部分が沢山あり、この素敵な原作に参加できる事を嬉しく思うと同時に、どんなドラマになるのか、とても楽しみになりました!まさかAKB48時代の同期の野呂佳代ちゃんとがっつりお芝居することになるとは思っていなかったので、そこは驚きましたね(笑)。

私が演じるのは、不器用で感情の表現の仕方があまり上手ではない梅本さん。仕事をバリバリこなす女性は、やはりどこかで誰よりも強くあらねば、という意識が働いてしまっているのではないかと思っています。自分と重なる部分もあり、仕事をする女性は梅本さんに共感する部分も多いのではないかと思います。

また、白川さん役の井桁さんが本当に可愛くて素直な素敵な女性で、白川さんにぴったりだと思っています。どんどん白川さん、そして井桁さんが大好きになっている私が居ます。佳代ちゃんとがっつりお芝居するのは小っ恥ずかしい気持ちになりますが、今後のOG、そして後輩の為にも佳代ちゃんと協力してこのドラマを盛り上げていけたらと思います。1人1人のキャラクターがぴったりのキャスティングだと思っていますし、女性が多い現場で新鮮な毎日を送っています。

獅子さんが描いて下さった原作のように、誰かが前向きになれるような、ちょっと明るい気持ちになれる作品になるような、そんな雰囲気作りが出来たら嬉しいな、と思っています。

疲れてひねくれてしまった心を、白川さんが優しく寄り添って解いてくれる作品だと思っています。私もキレイ!あなたもキレイ!皆様の背中をポンっと押してくれる、そんな温かい作品になったら嬉しいです。

■プロデューサー・木下真梨子(テレビ東京)
白川さんを取り巻くステキな同僚たちをやっと皆さんにお知らせ出来て嬉しい限りです。

白川さんというメンタル最強な美女の魅力は、彼女に背中を押される同僚たちの存在無くして語れません。視聴者の皆さんが日々抱えているストレスやモヤモヤと戦う、愛すべき登場人物を素敵な皆さんに演じていただける事、本当にうれしく思っています。

コンプレックスを抱えながらも優しい性格で他人の言葉を正面から受け取ってしまう町田さん。強気で責任感が強い姉御肌、でも本当は不器用でちょっと乙女な梅本さん。原作を読んだ時から、野呂さんと秋元さんの姿が頭に浮かんでいて、オファーを受けていただけて本当に嬉しかったです。そして、グループ時代からの絆が同期という二人の関係性とリンクして、信頼感が画面からもにじみ出ていると思います。ドラマ内では、お二人に視聴者の皆さんが日ごろ感じているプチストレスを全身で受け止めていただいてます。梅本さんと町田さんに共感したり、ホッコリしたり、そんな風に見ていただけたら嬉しいです。

さらに、自分に自信が持てず、まだ「自分らしさ」を知らない林檎ちゃん。スイーツ好きでちょっとズレてる所もあるけれど、自分の想いをしっかり持っている倉橋くん。

林檎ちゃん役の東野絢香さんはドラマ「じゃない方の彼女」でご一緒した際に、その繊細な感情表現や普段の話し方を聞いて「林檎ちゃん、見つけた!」と思い、オファーさせていただきました。シャイで自信が持てない林檎ちゃんが白川さんと出会い、どんな風に成長していくのか是非、楽しみにしていてください。

倉橋くんを演じる佐藤龍我さんは、YouTubeなどで拝見する少し天然で何故か周りが笑顔になってしまう存在感が倉橋くんにピッタリだなと思いオファーさせていただきましたが、スイーツ好きという共通点もまさに倉橋くんでした。ドラマでは、倉橋くんのスイーツ愛と悩みが交差するエピソードも登場します。

撮影現場では白川さん役の井桁弘恵さんも含め、5人が揃うと笑いが絶えず、抜群のチームワークで撮影に励む姿は、もう白川さん、梅本さん、町田さん、倉橋くん、林檎ちゃん、そのものです。

妬みや僻みのネガティブマインドやマウントや「男らしさ」や「女らしさ」…皆さんが日々抱えるモヤモヤがこのドラマを観て、少しだけ解消されたら嬉しいなと思います。

当記事はクランクイン!の提供記事です。