綾瀬はるかの干物女をもう一度!『ホタルノヒカリ』や『働きマン』など2000年代放送のドラマがTVerで配信中

テレビドガッチ

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」が開催している「TVerフェス!SPRING2022」。今回は100作品以上のドラマが集結する「春の特選ドラマ100本!」の中からピックアップした、2000年代に放送されたドラマを紹介する。

『花より男子』(TBS、2005年)
累計発行部数6100万部以上を記録した神尾葉子による人気コミックが原作の痛快青春ラブストーリー。超お金持ちの子息が通う名門高校・英徳学園に、庶民でありながら入学した主人公の牧野つくし(井上真央)は、学園を牛耳る御曹司の4人組、通称“F4”とぶつかり合いながらも、持ち前の“雑草魂”で道を切り開いていく。
主な出演者:井上真央、松本潤、小栗旬、松田翔太、阿部力 ほか

『働きマン』(日テレ、2007年)
安野モヨコによる作品の実写ドラマ化。主人公・松方弘子(菅野美穂)は28歳で独身。週刊「JIDAI」編集部に務める女性編集者だ。弘子は、編集長・上司・同僚たちと一緒に右往左往しながらも良い雑誌を作るために奮闘する。社内で“働きマン”と呼ばれているが、仕事とプライベートのジレンマに悩むことも……。本ドラマでは、人にとって“働くとは何なのか”というテーマが描かれる。
主な出演者:菅野美穂、速水もこみち、平山あや、佐田真由美、荒川良々、吉瀬美智子 ほか

『スローダンス』(フジテレビ、2005年)
妻夫木聡演じる自動車教習所の指導員・芹沢理一と、深津絵里演じるアパレルショップの店長・牧野衣咲によるラブストーリー。主演の2人を筆頭とし、広末涼子が深津の同僚役、田中圭が妻夫木の友人、そして藤木直人が妻夫木の兄役で出演するなどフレッシュな俳優陣がそろった本作。福山雅治が歌う主題歌「東京」もヒットした。
主な出演者:妻夫木聡、深津絵里、広末涼子、藤木直人、小泉孝太郎、田中圭 ほか

『ホタルノヒカリ』(日テレ、2007年)
漫画雑誌「Kiss」に連載していた同名作の実写ドラマ化。恋愛を半ば放棄し、オフはぐうたらして過ごす干物女・雨宮蛍(綾瀬はるか)の家に、大家の息子で蛍の上司でもある高野誠一(藤木直人)が引っ越してきたことから始まるラブストーリー。蛍のオンとオフの落差や蛍が高野を呼ぶときのキュートな「ぶちょお」も当時話題に! 続編となる『ホタルノヒカリ2』(2010年)も配信中となっている。
主な出演者:綾瀬はるか、藤木直人、国仲涼子、武田真治、安田顕 ほか

ほかにも「春の特選ドラマ100本!」では、過去の人気ドラマを配信中。詳しい配信スケジュールは、下記の記事からご確認いただきたい。
※なお、配信予定は予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ