山寺宏一、太田光の名コンビが復活!『アイス・エイジ』最新作!

日韓開催のFIFAワールドカップで、稲本潤一、鈴木隆行、中田英寿のゴールに日本中が沸いた2002年、ディズニーから、笑いあり涙ありドキドキありの新たなアクションアドベンチャーアニメが日本に上陸した。それが、『アイス・エイジ』だ!

2万年前の地球、氷河期を舞台にマンモスのマニーやナマケモノのシドたちが様々な危機を前に繰り広げる波乱でクレイジーな大冒険を描く本シリーズは、子供から大人まで幅広い世代に親しまれ、仲間との熱い絆やツッコミどころ満載のコミカルなシーンの数々、家族をテーマにしたメッセージなど、世界中の人々に愛され続けてきた。

第1作公開から20周年となる2022年、『アイス・エイジ』シリーズ6作目となる最新作、『アイス・エイジ バックの大冒険』が3月25日(金)よりディズニープラスにて独占配信される!

「第1作目から20年とは驚きました! ずっと愛され続けている作品に今も携われているのは幸せな事です」と語るのは、第1作以来、全作でマンモスのマニーの吹替を務めている山寺宏一。
マニーと名コンビのお調子者・ナマケモノのシドの吹替を務める爆笑問題の太田光も第1作以来の続投。「声優はやりたかった仕事なので、(またこの仕事ができて)嬉しかったです。(当時は)2か3ぐらいまでできればいいと思っていました」と、20年も続く大人気シリーズになるとは予想もしていなかったと振り返った。

最新作では、山寺、太田の他、イタチのバック・ワイルド役・岩崎ひろし(『ワンピース』黒炭オロチ役、『スター・ウォーズ〈第4シリーズ以降〉』C-3PO役)、フクロネズミの双子・クラッシュ役・永澤菜教(『おジャ魔女どれみ』マジョリカ役)とエディ役・片桐真衣(『バットマン・ザ・フューチャー』テン/メラニー・ウォーカー役)、マンモスのエリー役・豊口めぐみ(『鬼滅の刃』煉獄瑠火役、『鋼の錬金術師』ウィンリィ・ロックベル役)も続投が決定。
本作で新たに加わったメンバーも、かなりの強力キャラ。バックやクラッシュ、エディと冒険をするスカンクによく似た動物・ゾリラのジー役を加藤英美里(『らき☆すた』柊かがみ役、『黒執事』メイリン役)、彼らと対峙することとなる恐竜オーソン役を林勇(『東京リベンジャーズ』マイキー役、『ハイキュー!!』田中龍之介役)がそれぞれ演じる。

物語は、マニーやシドらと共に暮らす、とにかく陽気でお茶目な双子クラッシュとエディがスリルと自由を求め、仲間のもとから離れるところから始まる――。恐竜が暮らす最も危険な ”地底世界” に落ちてしまったふたりは、一匹狼の恐竜ハンター・バックと再会。ここからまさにジェットコースターのようにハチャメチャな冒険を繰り広げることに。

解禁となった映像には冒頭から思わぬアクシデントが起こったかと思いきや、クラッシュ&エディ&バックVS恐竜との激しいバトルが勃発! 恐竜相手にも強気に立ち向かう、”ワイルド” なバックのアクションが目白押し。さらに、危険な場所にもかかわらず、まるで緊張感のないクラッシュとエディに手を焼き、打って変わってふたりから ”スーパーヒーローだ” とおだてられ、とにかく浮かれるバックなど、アンバランスなコンビネーションが思わぬところで笑いを誘うシーンや、切磋琢磨しながら恐竜に立ち向かうというシーンなど、観客に笑いと元気を与えてくれるようなシリーズらしい魅力満載の仕上がりとなっている。3人が恐竜相手にどんなアドベンチャーを魅せてくれるのか、ワクワクが止まらない。

5年ぶりの最新作となる本作について山寺は、「今回はクラッシュとエディが物語の中心なんです。僕が声を担当するマニーはこれまでに比べ活躍が少ないかもしれませんが、作品自体は最高に楽しいものになっています!」と、熱いコメントで見どころをプッシュ! 太田は「今回はバックにおいしいところを持って⾏かれたので、次はシドが奪い返したい」と、ジェラシー全開に太田らしいひとことを。

シリーズを牽引してきたふたりが、イタチのバック・ワイルド、フクロネズミのクラッシュとエディの新たな物語を大いに盛り上げる。
「このアイスエイジシリーズ、登場するのは氷河期の動物達ですが、描かれているのは現代に通じる家族の絆の物語なんです!ユニークなキャラクターによるハチャメチャなアクションとギャグ、そして心温まるストーリーも楽しめちゃいます」と、山寺は、『アイス・エイジ』シリーズの魅力を語る。一方で太田は「ドタバタで楽しすぎる動きと表情の豊かさ(が魅力)。とにかくよく叫ぶ」と、シドのコミカルさをアピール。

スリルを求め、仲間の元から離れ旅に出ることを決意したクラッシュとエディは、地底の世界で、世界征服を企む恐竜と対峙することになるが、ひょんなことからバックが敵に捕らわれてしまい、大ピンチ! 小さな2匹はこの危機にどう立ち向かっていくのか!? 春休みに親子で観たい、笑いと感動のアクションアドベンチャーアニメを、楽しみに待て!

なお、『アイス・エイジ』映画の全5作品はディズニープラスで好評配信中! 
またディズニープラスでは、ディズニー&ピクサー最新作『私ときどきレッサーパンダ』も3月11日より配信される!

>>>『アイス・エイジ バックの大冒険』に先駆け、11日より配信される『私ときどきレッサーパンダ』の場面カットを見る(写真11点)

(C)2022 Disney Enterprises. Inc.

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。