腰周りのどっしり感を軽減。1日1セット【腸腰筋の柔軟性を高める】簡単ストレッチ

beauty news tokyo


腰周りのどっしり感に今まさに悩まされている方は少なくないと思いますが、本気で改善を図っていくためにはお腹や下半身の引き締めの鍵となる「腸腰筋(股関節の前側からお腹の下にかけての筋肉)」の柔軟性を高めることが必須。そこで習慣に採り入れたいのが、そんな腸腰筋にダイレクトにアプローチする簡単ストレッチです。

腸腰筋ストレッチ


“腸腰筋”は体の深部に位置するインナーマッスルのため日常生活の動きの中ではなかなかアプローチしにくい筋肉ですが、ストレッチを行って柔軟性を高めることにより腰周りの引き締めにつながっていきます。

(1)左脚を前にして脚を前後に開き、体を真っ直ぐにキープしたまま左手を左ひざに添える



(2)テニスのラケットでボールを打つイメージで、右腕を後ろから左上方向へ伸ばしながら骨盤をひねり、ひねり切った体勢を20秒間キープする



終わったら腕と脚を変えて反対側も同様に行います。シンプルなストレッチ法ですが、続けるほど腰周りの筋肉の柔軟性が高まって動きも良くなり、軽さを実感できるように。また、体をひねって骨盤を動かすのでリンパの流れが良くなり代謝UP効果も期待できるのも魅力です。腰周りのどっしり感を解消するべく、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ストレッチ監修:コシバフウタ(トレーナー歴3年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。