宮迫博之の『牛宮城』はどうなる? 飲食店で失敗した芸能人たちの末路…

まいじつ

宮迫博之 
宮迫博之 (C)まいじつ 

元『雨上がり決死隊』宮迫博之がプロデュースする東京・渋谷の焼肉店『牛宮城』が3月1日にオープン。しかし、ネット上では早くも存続危機が懸念されている。

「牛宮城」がオープンするや否や、ユーチューバーを始めとした著名人がレビュー動画をYouTubeに投稿していった。

そのなかには、お笑いコンビ『キングコング』西野亮廣や、『TKO』木下隆行の姿も。彼らは「『タン』が死ぬほど美味しかった」「宮迫さんの所も観光ルートの一つやと思う」といったコメントを残している。

しかし一方、ユーチューバーのシバター、コレコレらは「結論から言いますと、2度行くことはない」「合格ラインにいるとは思うけど、コスパは微妙」「オーダーしてから料理が来るのが遅い」など、辛口評価をあげていた。現在でも賛否両論が分かれ、大繁盛となっている「牛宮城」だが、ネット上では存続危機を懸念する声もあがっているという。一体なぜなのか。

「芸能人の飲食店経営は珍しくはありませんが、失敗するケースが多いのです。宮迫は昨年8月にオープンさせた鉄板焼き店『みやたこです。もじや 新潟愛宕店with東横』をたった5カ月で閉店させています。また、お笑い芸人のたむらけんじは、2006年から『炭火焼肉たむら』を経営。本人は店の成功を豪語していましたが、08年に出店した3号店では、食中毒を出したことにより、一時自粛を余儀なくされました。また、奈良にカフェを出した際には〝金銭トラブル〟により早々閉店になったといいます」(芸能記者)

芸能人の飲食店成功ケースは稀?


似たような例をいくつかあげると、元プロ野球選手の元木大介は、10年に東京・御徒町にラーメン店『元福』の1号店をオープン。その後、移転するも、残念ながら14年末に閉店となってしまった。

元横綱の若乃花関は2003年に『ちゃんこ料理店「Chanko Dining若」』をオープンさせ、破竹の勢いで多店舗展開を図るも、10年に運営会社破産に追い込まれている。その理由は、客のターゲティング失敗や、サービス料に見合うサービスがないためだったといわれている。

そんな前例を知るネット民からは、「牛宮城」経営に対し、

《女性客と若年層をつかめるかどうかじゃないか? 料理はおいしいのに、そこを失敗したのがチャンコダイニング若》
《今はおそらく一部は通常よりも良い食材を提供していると思う。原価率は相当高いはずで現状の原価率では今後の運営は厳しいと思う》
《問題は、継続していく中で経費に圧迫されて肉質下げたり、従業員減らしてオペレーション悪くなったりって事が起こりはじめてからだろうね》
《そりゃ時給1100円ですし。その時給のスタッフに焼肉の値段に相応しい対応を求められるのは少々厳しいと思う》

など、さまざまな声があがっている。

一部のネット民からは、《ヒカルさんの動画以来宮迫さんの動画観てなかったけど、肉の色も良いし皿も適切なの選んでるし、ちゃんと改善されててビックリしました》といった声もあがっていた「牛宮城」。今後はスタッフのオペレーションや接客スキル、ブランディングを含めた手腕が試されることだろう。

当記事はまいじつの提供記事です。