チェックインしたらもう抜け出せない!? こたつアイスなど“ぐーたらステイ”をとことん推奨する「オリエンタルホテル 東京ベイ」の昭和レトロ満喫プラン

ガジェット通信



東京ディズニーリゾート・パートナーホテルとしても利用者が少なくない「オリエンタルホテル 東京ベイ」(千葉県浦安市・JR新浦安駅直結)では現在、「昭和レトロ」をテーマにしたZ世代向けのプランを展開しています。そこで前回のディズニーアンバサダーホテルに続いて、ディズニー大好きの田名部生来(たなべみく)さんに体験してもらいました!

■参考記事:チップとデールのかわいいオリジナルリース作りを体験! 「ディズニーアンバサダーホテル」の特別な宿泊プラン []



客室の壁は昭和レトロ感満載です。昔懐かしいレトロ風なポスターや昭和の軒先が表現されたオリジナルの装飾ポスターで、駄菓子屋さんのよう。



こたつの上にはステイを満喫するアイテムが完備!客室の中央に畳とこたつがあるので、居心地が良すぎてそこから一歩も出られない「こたつに沼る」さまざまなアイテムを用意したとのことです。



実際に座ってみると、確かにこれは立ち上がるのがおっくうになります。寒風吹きすさぶ外に出るとなると、ますますハードルが上がりそうです。ちなみに、こちらの半纏風の上着は田名部生来さんの私物!ぴったりですよね。



ゲストをこたつに留めるべく、カードゲームがたくさんあります。ちなみに大きな声では言えませんが、あのビデオゲームもあります。こたつから出られない誘惑がたくさんあります。



ノドが渇いたらジュースやアイスが飲みたくなりますが、それぞれ専用の冷蔵庫まである素晴らしさ。でも、こたつからは出たくない。そういう時のためにマジックハンドがあります!



アイスのほうは、ここをこうして…(※扉は事前に手で開けました



とったどー!

これそのものもゲーム性があって楽しいです。しかし、冬のアイスは格別ですよねえ。



お茶類は、1Fのアメニティステーション「TIROIR/ティロワール」に豊富にあります。煎茶、コーヒー、また紅茶は6種類を用意。ぜひこたつに入る前に取っておきましょう。誰が取りに行くかでモメませんように。ちなみにこの「TIROIR/ティロワール」の充実度がハンパないので、それは次回の記事でご紹介します。



遊び疲れたら寝ちゃいますよね。一度入ったらなかなか出られない。これぞこたつ沼!



ただ、ちゃんとベッドはあります。夜はこたつで寝てしまうと風邪をひくかも知れないので、ちゃんとベッドで寝ましょう。



東京ディズニーリゾート関係のホテルというとパークが主目的となり、ホテルは寝るところ、という利用の仕方が多そうなものですが、これはホテルそのもの、もっと言うと客室にいる時間が長くなりそうなプランです。

昭和の実家感も最高なオリエンタルホテル 東京ベイの「昭和レトロ2.0」宿泊プランは1日1室限定!3月31日(木)までです。以下概要です。

<オリエンタルホテル 東京ベイの「昭和レトロ2.0」宿泊プラン概要>

■こたつ沼にハマる!昭和レトロ部屋でアイスやお菓子、ゲームを楽しむ冬のほっこりぐーたらプラン■

期間:~2022年3月31日(木)

客室タイプ:ショコラ(32㎡)※1日1室限定

料金:16,000円~(2名1室料金、消費税・サービス料込み)

特典: みかん、アイス各種、ジュース各種、駄菓子詰め合わせ

客室備品: こたつ、畳、ビーズソファ、急須&&湯呑みセット、トランプ、UNO、ボブジテン(カードゲーム)、犯人は踊る(カードゲーム)、ビデオゲーム、マジックハンド

■関連記事:ミッキーマウスの原点・現代・未来を学べる「ミッキーマウス展」が六本木で開催中!1月4日には「ミッキーコーデDay」企画も [リンク]

■関連記事:【だってTDRが好きっ!】シリーズまとめ

(執筆者: ときたたかし)

当記事はガジェット通信の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ