みのもんた“現在の姿”に視聴者も驚き「少し心配」「昔のイメージが…」

まいじつ

みのもんた 
みのもんた (C)まいじつ 

平成の名司会者・みのもんたが、2月11日に放送された『爆買い☆スター恩返し』(フジテレビ系)に出演。その衰えを隠せない姿が話題となった。

この日は昭和からのスターである堺正章が地元に凱旋し、恩返しをすべく80万円もの爆買いを行うことに。堺は予算を使い切るため、親しい芸能人にプレゼントをすることを考え、その1人としてみのを呼んだのだった。

鎌倉の超一流有名レストランを訪れた2人は、ローストビーフにワインにと、なんと24万円もの料理を堪能。食事中には、昨年から芸能界の第一線を退き、スローライフを送っているみのの現状に話題が及んだ。

堺から「また芸能界に戻って来ようというような」と聞かれたみのは、「いや卒業しました」と即答。このまま老後モードに入ることを明かすと、「充分、酸いも甘いも経験させていただいて。でもいい人生でした」と、まるで死を悟ったような寂しい発言も口にしていく。

パーキンソン病を告白しているみのもんた


一方、酒豪ぶりは未だ健在で、高級ワインを次々と注文。元気だった頃に比べて飲酒量が増えたと、驚きの実態まで告白する。しかし、肉の方は数十グラムの注文に留まり、堺はその少食ぶりにやや心配模様。また、食べる動作はかなりスローペースで、ゆっくりと口に運ぶ姿が印象的だった。

みの自身、衰えを理由に引退したが、改めて突きつけられたその現実に、視聴者は

《酒量が増えたというのは少し心配だけど、もうその年にもなったら自分の好きなように余生を過ごせばいいんじゃないかな》
《歩き方含めて一気に老けたのは否めない》
《声に張りがなくなっていてちょっとびっくりした。確かパーキンソン病だったとニュースで見たが、とりあえず食欲もあるようで》
《あの喋り方、張りの無い声 もう、おじいちゃん、一般人って感じですね》
《痩せてたし、喋り方もゆっくりになってましたね。見た目はすっかりお爺ちゃんでした》
《昔のテキパキしてたみのもんたのイメージが全くないな》

など、驚きの声をあげている。

昨年にはパーキンソン病を告白しているみの。これからも今回のようにたまにテレビに出演して、姿を見せてほしいものだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ