織田信成、羽生結弦選手に送った“自虐的エール”が優しい 「アホかというミスを重ねてきた私にしたら…」

連日代表選手たちの熱戦が続く北京オリンピックだが、思わぬアクシデントで涙を飲む羽目になった選手もいる。フィギュアスケート男子代表の羽生結弦選手もその1人で、演技冒頭のジャンプで氷上の穴にはまり4回転が1回転になってしまったのだ。これには羽生選手も「一番自分がフワフワしてます」「氷に嫌われちゃった」と動揺を隠せず、応援していたファンや関係者からも同情する声が寄せられることとなった。かつて羽生選手と共にしのぎを削り、現在はプロスケーターや解説者、タレントなどマルチに活動する織田信成もそんな羽生選手にエールを送っている。

「完璧なフォーム、完璧なタイミング」だったというジャンプが思わぬハプニングに見舞われてしまった羽生結弦選手。咄嗟の判断から転倒は免れたものの大きな減点に繋がってしまい、演技終了後のインタビューではその理由を説明しながら悔しさを滲ませていた。

そんな羽生選手の姿に反応したのが織田信成だ。現在は開催地の北京で取材を行っている織田は、自身のYouTubeチャンネルで演技の感想動画を配信したり、ツイッターで現地の詳しい情報を報告しているが、8日も日本選手の活躍をリアルタイムでツイート。羽生選手について「不運な部分もあったけど、その後完璧に滑り切った精神力は強すぎる!」と称えたうえで、「靴紐切れるわジャンプ跳びすぎるわ、お前事前にどうにかしとけやアホかというミスを重ねてきた私にしたら、羽生くんのミスなんて不可抗力でしかないです。だから頑張って」とかつて自身が起こしたミスを振り返りつつ励ましの言葉をかけた。

あえて自虐ネタを持ち込んだ織田の明るいエールに、「ツイート見て和みました」「ナイスフォローありがとうございます」と気持ちがほぐれたフィギュアファンも多く、「ご自分の身を投げ打ってまで後輩を励ますそんなあなたを尊敬します」「織田さん優しい…」と改めて織田の人となりを称賛する声も多数寄せられ、3万5千件以上の“いいね”が届いている。

織田信成のYouTubeチャンネルでは、羽生選手の平昌オリンピックでの演技『SEIMEI』の再現にチャレンジしてその凄さを身をもって証明したり、具体的な技術を実践解説したりしたしながら羽生選手への応援を呼びかけてきた。彼の凄さを間近で見てきた織田だからこそ、今回のハプニングにも負けないで欲しいという思いが強いのかもしれない。もちろん羽生選手本人も既に「必死になって食らいついていきたい」と前を向いており、10日のフリーでの演技に期待が集まっている。

(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ