【2022年2月金運占い】余計な買い物をするかも…!? 今月すべき「金運アップ行動」とは

ananweb

世間の情勢は不安定な日が続きますが、お金を守ることも大切な自己防衛の一つ。そこで今回は、東西の各種占いや暦注などを総合的に解釈して作り上げた“2月のお金カレンダー”をご紹介します。自分の金銭管理をしっかり行い、お金に関する意識を研ぎ澄ますためにも、このお金カレンダーを活用してください。

■ 節分が過ぎるまでは節約モードで!

新月で始まる2月ですが、金銭的な運気は若干不安定なスタートに。月初から買い物をしすぎると、余計なものを買ってしまうかもしれません。なるべく節約モードでスタートするとよいでしょう。

節分の恵方巻も、最近は縁起物のように豪華になっていますが、購入する場合は自分の好きな具材であることを重視しましょう。無理して高価なものを買う必要はありません。

■ 立春からは買い物日和

4日に迎える立春以降は、運気が一気に開けそうです。特に4日の13時過ぎに、「水星の逆行」と呼ばれるよくない星の状況が終わりを迎えます。これ以降は、気持ちも頭もすっきりして、正しい判断がしやすくなるでしょう。

また、4日と5日は買い物日和。一粒万倍日で大安でもある土曜日の5日は、特に買い物運が好調です。日常生活に必要な品物の買い置きや、日々の暮らしをよりよいものにするための便利グッズを購入するのに最適でしょう。

ただし、贅沢かもしれないと感じるものや、完全に趣味のグッズで急がないものであれば、17日まで待ったほうがいいかもしれません。その日まで待ってもまだ同じテンションで必要性を感じていたなら、購入を検討して!

■ チョコを買うなら8日がベスト

もしもバレンタインのチョコを購入するなら、8日がベストです。この日は恋愛に関する運気が上昇しやすい1日。この日に購入するチョコレートを彼に渡したら、愛情を多く伝えることができるかもしれません。

そうはいっても、効果はわずかな差です。無理にこの日にこだわる必要はないですが、人生をかけた告白をするつもりなら、意識してみてはいかがでしょうか。

■ 10日をピークに金運は一時低下

10日は、グルメ運がよさそうです。ちょっと贅沢な食事を楽しむなら、この日がいい日取りといえます。お取り寄せグルメを楽しむつもりがあるなら、この日に注文するのもよいでしょう。

しかし、11日以降は運気が少し低下気味になりそうです。この週末は、家で動画や音楽などのコンテンツを楽しむのがよいかもしれません。

デジタルコンテンツの少額な買い物なら、この時期でも悪くありません。末永く愛用できるサブスクリプションに巡り会える可能性もあります。

■ 17日の満月は買い物日和

17日は満月と一粒万倍日と大安が重なる吉日で、買い物運もいい1日! この日は、少しくらい自分勝手な買い物をしてもよい日です。

月初の買い物日和で迷っていたものがあるなら、この日に求めるとよいでしょう。また、多少背伸びをした買い物をするのもよさそうです。自分のテンションを上げて、生きていく上での英気を養うことにつながる買い物には投資としての価値もあります。

■ 月末は慎重に

17日以降は、金銭的な運気は下火になる傾向にあります。ここから先の月末は、大きな買い物を控えたほうがいいでしょう。身にならない買い物につながりやすい時期です。

特に19日は金銭感覚が鈍りやすく、不必要な出費をしてしまいがち。少しケチになるくらいのつもりで過ごしましょう。

一方で、将来に備えて資産形成や投資の学習をするのにはよい時期です。ただ実際に金融商品を購入する場合、そのタイミングはこのカレンダーでは導けません。学習をして知識を蓄えるのに向いている時期ということで、この2月末はとてもよい時期といえそうです。

五十六謀星もっちぃ10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。占い師や、占い師になりたい人向けのオンラインサロンを運営。著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

(C)apichon_tee/gettyimages(C)Isabel Pavia/gettyimages

文・五十六謀星もっちぃ

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ