下腹部の贅肉の引き締めに◎ 1日1セット【くびれを備えたペタンコお腹に導く】簡単習慣

beauty news tokyo


下腹部や脇腹など、腰周りの贅肉に悩まされていませんか? また、スマホやPCなどの長時間使用で背中が曲がっていたり、痛みがあったりという人も少なくないと思います。そんな悩みを持つ方こそ習慣に採り入れたいのが、ヨガの簡単ポーズ【パリブリッタ・パールシュバコナーサナ】です。

パリブリッタ・パールシュバコナーサナ


お腹周りや下半身をしっかり使い、ねじりを入れることでくびれにも効果的なポーズです。内臓機能を活性化できるだけでなく、背中をまっすぐ伸ばすので、姿勢を整える効果も期待できます。

(1)床に四つん這いの姿勢になって、右脚を大きく前に踏み込む



(2)上半身を右にねじり、胸の前で合掌する



(3)床についていた後ろ脚のひざを床から上げ、3~5呼吸(約30秒間)キープする



反対側も同様に行います。(3)の後ろ脚のひざを上げるのが難しい人は、(2)のポーズのまま3~5呼吸(約30秒間)キープする形でOKです。

なお、期待する効果をきちんと得るためには「背中をまっすぐにキープすること」がポイント。それだけでしっかりと上半身をねじることができ、自然にお腹にも力を入れることができます。また、上半身をきちんと伸ばすためにも、「下半身に力を入れること」も心がけましょう。

凝り固まりがちな背中が伸び、気になる下腹部や脇腹の贅肉の引き締めに効果的なので、ぜひ習慣化して理想のくびれを備えたペタンコお腹と美姿勢を手に入れてくださいね。<ヨガ監修:Minami(インストラクター歴4年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。