山本耕史、姿月あさと、鈴木福のコメント到着&装束を身に纏ったビジュアルが解禁 ミュージカル『不思議の国のひなまつり』

SPICE



2022年3月3日(木)~6日(日)東京国際フォーラム ホールB7にて、J-CULTURE FEST presents 装束 meets ミュージカル 『不思議の国のひなまつり』が開催される。この度、出演者のコメント到着&ビジュアルが公開となった。

「J-CULTURE FEST」は、2017年1月の初開催以来、音楽や狂言、歌舞伎など日本古来の伝統芸能に新たな価値を見出して頂きたいという思いから、日本が誇る各界のアーティストが出演する公演や、魅力的な「にっぽん」の文化体験空間を創出し、毎年お正月の恒例イベントとして東京国際フォーラムを会場に実施。
J-CULTURE FESTのオリジナル企画として2018年から始まった井筒による、本物の装束を纏う舞台公演は、「伝統と革新」の公演として好評を博している。

今回は開催時期にふさわしい、「ひなまつり」をテーマに、花組芝居の加納幸和が書き下ろし作品を自ら演出。仕舞われたままの雛人形達が、飾って欲しい!と人間を箱の中へ誘い込み起こる騒動を、本物の装束(※資料に基づき研究のために再現された衣服の意)を纏った、山本耕史、姿月あさと、鈴木福をはじめ、岩立沙穂(AKB48)、行天優莉奈(AKB48)、込山榛香(AKB48)など多彩な出演者が演じる。歌舞伎風芝居有り、オリジナル曲あり、和洋のダンスあり、なんでもありの、リアルひなまつりミュージカルに期待しよう。

山本耕史 コメント


こんなに素晴らしい装束を身に纏うとやっぱりワクワクしますし、ちょっと偉くなったような気がしてきます(笑)。舞台は衣裳もパフォーマンスの重要な要素のひとつですが、このシリーズはまずもう装束が主役と言っていいほどの存在で、僕ら俳優は芝居や歌はもちろん、装束の素晴らしさを伝えることにも大きな意味を感じています。東京国際フォーラムという空間で美しい照明の中に現れるこの装束は……ほんと、ちょっとスゴイですよ! お客様には「神々しいとはこういうことか」と在るだけでイリュージョンを観ているかのような気持ちになれる特別感、通常の舞台とはひと味違う“歴史に触れられるファッションショー”というエンタメを体験していただけるのではないでしょうか。また、今回はひなまつりがテーマの物語。ぜひお子様にも楽しんでもらいたいです。

姿月あさと コメント


このシリーズには昨年初めて出演させていただきましたが、装束の素晴らしさ、日本の伝統の美しさや雅さを改めて感じることができた貴重な経験となり、こうして新作に参加することができたことも大変嬉しく思っています。近頃は日本独自の風習もただパーティーのように扱われがちですが、私自身は男役時代も含めお雛様は毎年欠かさず飾り続けている大好きなお祭り。なのでこの作品をきっかけに関西と関東での飾り方の違い、その他のお人形の種類は何かなど行事そのものや歴史を見直せるのは素敵だし、大事なことだなぁと感じます。『不思議の国のひなまつり』というタイトルだけでもワクワク感が高まるこの世界、お客様にも存分に楽しんでいただけるよう、キャストのみなさんと一緒に素敵なお話と歌とパフォーマンス溢れるステージを創っていきたいですね。

鈴木福 コメント


時代劇に出演させていただいたことはありますので和装は不慣れではないのですが、今回の装束はとても可愛く個性的な絵柄でいつもよりさらに「ちょっといい感じだな」「カッコいいな」と嬉しく思っています。僕自身のお雛様の思い出は…ひなまつり給食ですね(笑)。ちらし寿司とか、毎回楽しみにしていました。このお話はファンタジーですが、台詞の言い回しは昔の言葉遣いも多く、少し難しい挑戦です。でも歌もお芝居もこれまでいろいろなお仕事で経験してきたことをたくさん生かせるようにも思っています。僕、舞台もとても好きなんです! これから始まるお稽古でお客様に良いものをお届けできるよう、共演者のみなさまと一緒にたくさんの発見をしていきたいです。どんな作品が出来上がるのか、僕もワクワクしています。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ