夏木マリ、常連店で「夏木マリスペシャルが出来上がった」【出没!アド街ック天国】

1月22日(土)放送の「出没!アド街ック天国」(21:00~テレビ東京)では、東京専門店街BEST 10を発表。料理道具専門店や手芸専門店など数々のマニアックな専門店にMC一同ハマってしまう予感!?

もんじゃ名人夏木マリ、自身考案メニューまで!?

東京でもんじゃと言えば有名な月島。月島もんじゃは路地裏で営業していた駄菓子屋が子どものために作ったおやつとして名を馳せた。芸能界屈指のもんじゃ好きで有名な女優・夏木マリは「もんじゃは東京が誇る食べ物じゃない?」ともんじゃを大絶賛。実際月島に住んでいた夏木はもんじゃの魅力にハマり、自身でモンジャ作りを極める程に成長した。そんな夏木お気に入りの店が「もんじゃ麦」。芸能人の来店が多くサイン色紙は店内に飾り切れないほどありその数約400枚。中でも常連の夏木はなんとオリジナルメニューまで生み出してしまったのだ。夏木は「私が色んなものをミックスしたら夏木マリスペシャルが出来上がった」と何の気なしで出来上がった事を語った。今では夏木マリスペシャルは店内でTOP3に入る人気だそう。好きこそ物の上手なれとは夏木にピッタリの言葉だ。

井ノ原快彦、海の中で貝拾い?

魚市場を失った街、築地では以前より一般客にとって買い物しやすい環境へと変わり、ますますパワーアップしていた。そんな築地場外市場に2016年にオープンした筑地魚河岸。そこに元V6井ノ原が訪れた。井ノ原が魚河岸を散策している際目に入ったのは貝の詰め放題。1分2000円で行えるのだが驚いたのはその貝の種類だ。パッと見30種類はありそうな貝を自由に選んで詰めることができる。店内に置かれているシュノーケルと水中眼鏡が目に入り一体なんなのか、井ノ原が尋ねると「海の中という設定で行う」らしく井ノ原はその後シュノーケルと水中眼鏡を装着しおよそ3000円分の海の幸を手に入れて「これ反省会だね、まだまだ全然いけた」と悔しそうな面持ちであった。