【ジブリパーク】2022年11月1日(火)開園決定!建設途中のエリアを初公開

27日(木)、愛・地球博記念公園にて今年秋にオープン予定のジブリパークに関するメディア向け発表会が開催され、建設中のエリアやスタジオジブリ初制作の観光動画、ジブリパークの詳細が発表になりました!

この発表会では、ジブリパークが2022年11月1日(火)に開園することが発表に! 初期は「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の3エリアが開園し、「もののけの里」「魔女の谷」はこの先行する3エリアの開園から約1年後の開園となるそうです!

上記イメージカットの「どんどこ森」は、あの『となりのトトロ』の「サツキとメイの家」を中心とした昭和の田園景観をイメージしたもの。「どんどこ堂」と呼ばれる木製遊具が新たに誕生することも発表になりました。

また、スタジオジブリが初めて手掛けた観光動画・キービジュアル「風になって、遊ぼう。」が初解禁! 「ジブリパークのある愛知」の魅力をスタジオジブリの世界観に沿って描いた観光動画で、県内の観光スポットを取り上げ、ジブリパーク来場者に県内周遊を呼び掛ける内容になっています。アニメの世界観をそのまま映像にしたような素敵な動画です。


鈴木プロデューサーは『風になって、遊ぼう。』の映像を観て、「スタジオジブリがアニメーションではない実写の作品を作るのは珍しいけれど、観てみるとけっこういいじゃん(笑)」と感想をコメント。

ジブリパークについては、「いわゆるテーマパークじゃない、基本的には公園であることを崩してはいけない、でも来たら楽しい場所にしたい」と明かしていたという宮崎吾朗監督の構想に触れ、「絵に描いた餅ではないかとも考えていたが、今日見たら、よかったんですよ、本当に」としみじみ。「この仕事を本当にやってよかったなと、感じています。ここには、三鷹の森ジブリ美術館の精神が活きている。百聞は一見に如かず。ぜひ見てほしいです」とパークの仕上がりに手応えを感じている様子でした!

そして宮崎吾朗監督自らが案内役となり、工事現場も初公開! ジブリの大倉庫では、「子どもだけで楽しめるエリアがあります。また、ここからは見えませんが、かつての更衣室を改装し、企画展示室にしています。その場所に行く方法をお客様には、ぜひ探していただきたいです」と紹介。

その「ジブリの大倉庫」は、かつて温水プールだった施設の大空間を活かし、屋内の街であるかのような演出をしているそう。三鷹の森ジブリ美術館の約3倍の広さを誇り、展示物としては『借りぐらしのアリエッティ』(10)に登場するアリエッティとその家族が暮らす家や、彼女たちの目線でみた植物を大きなセットで再現! また、『天空の城ラピュタ』(86)より、廃墟となったラピュタの庭園を再現した「天空の庭」や、空飛ぶ巨大な船を全長およそ6mのスケールで設置しています。子どもたちが映画『となりのトトロ』の世界で遊べる部屋も準備しているとか!

「青春の丘」には、『耳をすませば』(95)より「地球屋」、その玄関前にはロータリー広場を再現しています。また、『猫の恩返し』(02)からは「猫の事務所」を猫サイズの木造平屋建てで再現し、家具や小物をミニチュアサイズで制作しているそうです。

ファン待望の「ジブリパーク」は、2022年11月1日(火)開園決定! 行楽の秋、予定を開けておきましょう!

(執筆/takashi.tokita_tokyo)https://www.instagram.com/takashi.tokita_tokyo/

(C) Studio Ghibli

WRITER

  • takashi.tokita_tokyo
  •        

  • 「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。映画とディズニー(主にパーク関連)をメインによく取材しているが、パリとクルーズが未体験なことはナイショです。また、ディズニー好きが集まって、あることないことを語り尽くす無害なポッドキャスト「田組fm」が、SpotifyやApple Podcastなどで配信中。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ