白石麻衣と大久保佳代子、ふたりの鞍馬蘭子が華麗な鞭さばきを見せる ドラマ『嘘喰い』鞍馬蘭子篇予告&“嘘”予告を解禁

SPICE


2月11日(金)よりdTVで独占配信されるオリジナルドラマ『噓喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-』から、白石麻衣主演の「鞍馬蘭子篇」1話と2話の予告編が解禁された。

『嘘喰い』は2006年から2018年まで『ヤングジャンプ』(集英社)で連載された迫稔雄氏の漫画。「嘘喰い」と呼ばれるギャンブラー・斑目貘(まだらめばく)を主人公に、日本を裏社会から操る巨大会員制組織・倶楽部賭郎のもとで展開する、生死を賭けたギャンブルバトルを描いている。ギャンブラー同士の心理戦と、賭けを見守る“立会人”と呼ばれる強者たちの格闘戦が特徴の作品だ。49巻まで発売されたコミックスの発行部数は累計880万部を突破している。

初の実写映画化でメガホンをとるのは、ホラー映画『リング』のほか、『インシテミル』『スマホを落としただけなのに』『事故物件 怖い間取り』などで知られる中田秀夫監督。『きみの瞳が問いかけている』などの横浜流星が班目貘役で主演。また、貘と賭けに魅了される青年・梶隆臣を佐野勇斗が演じる。そのほか、闇カジノのオーナー・鞍馬蘭子役で白石麻衣、マッドサイエンティスト・佐田国一輝役で三浦翔平、お館様こと切間創一役で櫻井海音、立会人・夜行妃古壱役で村上弘明、立会人・目蒲鬼郎役で本郷奏多が出演。さらに、森崎ウィン、木村了、鶴見辰吾がキャストに名を連ねている。映画は、2月11日(金)より封切られる予定だ。
(C)迫稔雄/集英社(C)2022映画「嘘喰い」製作委員会(C)エイベックス通信放送
(C)迫稔雄/集英社(C)2022映画「嘘喰い」製作委員会(C)エイベックス通信放送

『噓喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-』は、映画にも登場するふたりのキャラクターを主人公としたオリジナルドラマ。佐野勇斗と白石麻衣がW主演を果たした本ドラマでは、映画で監督を務めた中田秀夫氏が監修を務め、「梶隆臣篇」は原作の人気エピソードを基に、蘭子が主人公となる「鞍馬蘭子篇」は完全オリジナル脚本でドラマ化。借金まみれの人生から裏社会でのし上がろうとする青年・梶隆臣と、サディスティックな組長・鞍馬蘭子が騙し合いゲームに挑む様を描く。
(C)迫稔雄/集英社(C)2022映画「嘘喰い」製作委員会(C)エイベックス通信放送
(C)迫稔雄/集英社(C)2022映画「嘘喰い」製作委員会(C)エイベックス通信放送

「梶隆臣篇」では、貘の相棒として行動を共にする梶が、ギャンブラーとして成長していくきっかけとなるゲーム「セブンポーカー」に挑む姿や、過去に自分を捨てた母親との対峙、幼馴染との淡いロマンスなどが描かれる。「鞍馬蘭子篇」では、闇カジノを仕切る組長の蘭子が、親友のために過去の敵と再び対峙する物語が展開。ギャンブルバトルだけでなく、蘭子の知られざる過去も描かれるという。蘭子の腹心の部下・レオ役の森崎ウィン、梶の専属立会人・夜行妃古壱役の村上弘明らに加え、蘭子の対戦相手となる浪速組組長・岩城役の西村和彦、梶の対戦相手となる闇カジノオーナー・鮫丸役の忍成修吾など、dTV版ドラマオリジナルキャストも出演している。

解禁された「鞍馬蘭子篇」予告では、闇カジノを仕切る組長・鞍馬蘭子(白石麻衣)が鞭をふるい、啖呵を切りながら闊歩するアクションシーンも公開。また、親友を救うために「このおとしまえは私がつける」と凄む姿などが切り取られている。なお、主題歌は、映画版と同じB’z書き下ろしの「リヴ」。

また、「鞍馬蘭子篇」予告ともに、ほぼ同じ構成の“嘘”予告も解禁。鞍馬蘭子が背中を切りつけられ、怒りをあらわにしながら振り向くと、大久保佳代子が登場。鞭をしならせ、唇に紅を指す場面など、鞍馬蘭子になり切った姿が収められている。

白石と大久保のコメントは以下のとおり。

白石麻衣(主演/鞍馬蘭子役)


――“嘘”予告を観た感想は?

“見・ど・こ・ろ”がぎゅっと詰まった予告編で、蘭子の格好良さもたくさん観れますので、「早くお届けしたい!」という気持ちになりました。

――女優・大久保佳代子さんへ、メッセージを。

髪型も(私が演じた)蘭子に似ていて、一瞬「私かな?」と思うくらい、役の衣装も似合っていて、リップを塗るところなども、新しい佳代子さんの表情が見れた瞬間でした。鞭裁きも恰好よかったです。私よりも、(相手を)やっつけてやろうという気合が見えたので、素晴らしかったですね。

大久保佳代子(“嘘”予告・出演)


――「鞍馬蘭子」を演じてみた感想は?

女優魂が出るのに時間かかりましたが、演出をいただいたら火がつきました。白石さんよりは、少しジトッとしていますけど、いい感じの強くセクシーなものができたと思います。できるだけ近づくのが第一目標でしたが、何なら「越えてやれ!越えて『こちらのほうがいいんじゃないかな』」と、観た監督が何か作りたくなるような野心を持ってやりました。

――白石麻衣さんより、うまく演じられたと思いますか?

それに関しては、お互い女優なので、どちらというのも言いにくいのですが。色々酸っぱい泥水もすすってきたからかな…といいますか、何か色気というか奥深さは漂っていた芝居ができたのではないかな、と思います。

――ドラマの見どころついて教えてください。

映画では観られなかった蘭子さんのお色気やセクシーなところだったり、鞭を裁くような少し冷酷な感じなどが、ギューッと詰められているので、『こんな蘭子さんが見られるんだ』というものは、今回このドラマの見どころになると思います。

『嘘喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-』は2月11日(金)dTV独占配信。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ