意識しちゃう♡男性が女性とのLINEで【ドキドキする瞬間】4選

ハウコレ



男性のなかにはLINEがあまり重要だと感じていない方もいるため、「長文とか日記はしんどい」「既読機能がなければいいのに」などと考えている方も多いのではないでしょうか。LINEに対して冷たい反応をする男性も多いですが、そんな男性でも女性からのLINEにドキドキしてしまったり、つい二ヤけてしまった経験もありますよね。今回は、男性が女性とのLINEでドキドキしてしまう瞬間について、紹介していきます。

■たまにある即返信
自分からLINEを送った瞬間に既読がつくと、ドキドキしてしまう方も多いでしょう。同じタイミングでLINEを見ていたと考えると、脈アリのような気もしてしまい、今までのやり取りを見返してくれていたと考えると、キュンとしますよね。常に即既読があったり即返信をしていると、お互いに負担を感じてしまったり、暇なんだなと捉えられてしまいます。なので、たまに即既読、即返信を使うと、普段のLINEとは違った雰囲気を出せるでしょう。

■「ちょうどLINEしようと思ってた」
連絡を取っていたけど徐々に取らなくなっていき、全くなくなってしまったという方もいますよね。そのようなときに自分から勇気を出してLINEを送ったら、すぐに既読が付いて返信が来たこともあるでしょう。そんなときに「ちょうどLINEしようと思ってた」と言われると、ドキドキしてしまいますよね。女性的にはあざとさを出すためのテクニックかもしれませんが、男性はそんな言葉でもキュンとしてしまうようです。

■タメ口を求める
年上の女性とLINEをしていると、ついつい敬語になってしまう方も多くいますよね。そのような女性から「タメ口にして」などと言われると、心の距離が近くなった気がしてドキドキする方も多いでしょう。いつまでも続くLINEや、可愛いスタンプや絵文字を使った文章よりも、心の距離が縮まったと感じるのが、口調の変化です。

■「ここ美味しいんだよね」
LINEをしていると、女性の方から「ここ美味しいんだよね」と言われた経験のある男性もいるのではないでしょうか。わざわざ自分のおすすめのお店を男性に教えるのは、「2人でそこ行こうよ」と誘われるのを待っています。

■まとめ
LINEが苦手な男性をドキドキさせるのは、その気になっているときに一気に距離を詰めるのがポイントなので、試してみてください。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ