これぞ真の意味での「タッチアンドトライ」。ゲームやクリエイティブソフト搭載PCが触り放題!

220120_intel_01
Photo: b8ta

これぞ、真の意味での「タッチアンドトライ」。

PCを選ぶときって、どんなCPUを積んでるのか、メモリはどれくらいなのかなど、とにかくスペックを気にしますよね。

しかし、自分がやろうとしてる作業がどれくらいの快適さになるのか。スペックを見ただけで想像するのは難しく、結局はそのPCを触ってみるまで分かりません。そしてお店でPCを触ってみても、使いたいソフトが入っていない、なんてことも珍しくない。

こうした問題って昔からのPC買い物あるあるなんですよねぇ…とお悩みのあなた! このあるあるをくつがえすユニークなPC展示イベント「Intel Premium Pop Up Store」が2022年2月1日から開催されますよ。場所は渋谷駅から徒歩1分のガジェットストア「b8ta Tokyo - Shibuya」。

そのイベントとは、最新のインテル製CPUを搭載したPCの一斉展示。しかもただ展示するだけでなく、それぞれのPCにはAdobe After Effects やAdobe Premiere Proなどのクリエイティブソフト、『VALORANT』や『モンスターハンターライズ』などのゲームがインストールされていて、スタンバイしている店員さんに声がけすることで実際にソフトを動かすことができるんですよ!

創作意欲を掻き立てる、クリエイティブコーナー


展示エリアは、クリエイティブコーナーとゲーミングコーナーの2種類に分かれています。まずはクリエイティブコーナーについてご説明しましょう。

クリエイティブコーナーのPCには、Adobe After Effects、DaVinci Resolve 17のようなクリエイティブソフトがインストールされていて、実際にレタッチやカラーグレーディング、3DCG制作の環境を体感できます。

また、キヤノンの「EOS R5」や、Panasonicの「Lumix-GH5 II」、DJIの「DJI Pocket 2」などのカメラ、ワコムの液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」などのハードウェアも用意されていて、クリエイティブに欠かせない周辺機器の使い心地も確かめられます。ライブ配信に便利な「ATEM Mini Pro ISO」や、高度なカラーマネージメント液晶モニター「Color Edge CS2740」などもそろっており、かなり本格的な環境。

周辺機器との連携も試せる環境は、PCの購入を検討するにあたってかなり実践的です。「あのソフトを買う予定だけど、このツールがあるとどうなんだろ」といった、リアルなタッチアンドトライを経験できるチャンス!

フレームレートや操作性を実感! ゲーミングコーナー


お次はゲーミングコーナーについて。ゲーミングコーナーのPCには『VALORANT』や『モンスターハンターライズ』など十数種類のゲームがインストールされています。もちろん実際にプレイ可能。周辺機器としては、ヘッドセットやコントローラーも用意されています。
220120_intel_03

ちなみに、ゲーミングPCや、クリエイティブ対応PCといえば高性能なGPUなどを想像しがちですが、今回の展示ではインテル® Evo™ プラットフォーム準拠モデルのノートPCがメインに展示されています。普段のお仕事でよく使うExcelやメールなどの基本的な作業はもちろん、クリエイティブ/ゲームにも使えるPCなので「EvoのノートPCってここまで動くんだ!」と、実感できる良い機会になると思いますよ。

展示予定のPCは、これだぁ!


それでは、実際にタッチアンドトライできるPCの一覧をご紹介しましょう(内容は変更、追加される可能性もあります)。
  • Acer「Swift 5(SF514-55T-H56Y/GF)」
  • ASUS「ROG Zephyrus S17 GX703HS(11世代)」
  • ASUS「ZenBook Duo 14 UX482EA」
  • Dell「XPS 13 9305」
  • dynabook「V8」
  • 富士通パソコン「FMV LIFEBOOK UH90/F3」
  • GALLERIA「ZA9C-R39 第12世代Core搭載」
  • HP「Spectre x360 14-ea」
  • Lenovo「YOGA Slim 750i carbon」
  • LG「LG gram 16Z95P」
  • マウスコンピューター「DAIV Z7-3060Ti」
  • MSI「Summit E13 Flip Evo」
  • VAIO「SX14」

重量818gの超軽量モデル「FMV LIFE BOOK UH90/F3」と他のPCを持ち比べたり、画面が360度フリップする「Spectre x360 14-ea」や「Summit E13 Flip Evo」のヒンジの違いを確かめたり、「YOGA Slim 750i carbon」と「SX14」のカーボン素材の使い方を比べてみたり。スペックだけでは想像できない、感触としての違いもじっくり確かめられそうですよ~。

さまざまなPCをb8taで触れてみよう

220120_intel_02

インテル製CPU搭載のPCをこれでもかというほど試せる、またとないイベント「Intel Premium Pop Up Store」。2022年2月1日から「b8ta Tokyo - Shibuya」にてスタートします。渋谷駅を出てすぐの場所にあるお店なので、近くに行った際はぜひ立ち寄ってみてください。素敵なPCが、あなたを待っていますよ。

Photo: b8ta
Source: b8ta

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ