『パンサー』尾形の“貧乏親子ネタ”にドン引き「ご時世的に大丈夫か」

まいじつ

パンサー 尾形貴弘 
パンサー 尾形貴弘 (C)まいじつ 

お笑いトリオ『パンサー』の尾形貴弘が、1月26日放送の『有吉の壁』(日本テレビ系)に出演。貧乏ネタを披露し、芸人の靴をなめる一幕があったが、視聴者は「見たくない」「ご時世的に大丈夫か」などとドン引きしている。

尾形は『渋谷肉横丁』の中で、「パンサー」向井慧、『ジャングルポケット』太田博久とともに有吉弘行、佐藤栞里にネタを見せた。

尾形が演じたのは父親役。向井演じる息子とご飯を済ませ「行くか!」と立ち上がった。だが店員役の太田は「お会計、まだですよね?」と指摘。尾形は「やるよ?」としつつ、疑いの目を向ける太田に逆ギレ。「なんだその言い方は? 食い逃げみたいに言ってるのか?」と怒った。

食事代払えず…店員の靴をなめる


向井に「そっち向いてろ!」と指示し、そっぽを向いたのを確認した尾形は「冗談じゃねえぞ、この野郎!」と言いながら太田に土下座。太田が慌てる中、「大丈夫だな? 慧、こっち向くなよ? 説教しないと」と叫んだ尾形が太田に土下座を繰り返すと、有吉は「つらいね…」と引いた様子。佐藤も切なそうに「ああ…」と漏らした。

さらに視線を向けないよう向井に指示しながら、尾形は太田の足を持ち上げ、「(店員が)ナメてくるからよ!」としながら太田の革靴をペロペロ。太田は「お会計大丈夫なんで。帰っていただいて大丈夫です」と引き下がった。

「○」と判定した有吉は「切なかったから。感動はあったよ。面白くはなかったです」とダメ出し。視聴者も、格差が広がるご時世の貧乏ネタ、とくに靴をなめる振る舞いは見ていられなかったようだ。

《とりあえず尾形のあの家族コントは見たくないし、面白くないからやめてほしい》
《尾形さんの切ない》
《志村けんの貧乏コントは面白いのになあ》
《毎回毎回尾形さんご時世的に大丈夫か…?ってなる》
《多分足りないと思った尾形が足触り出したなww》
《しかし、貧乏家族設定で土下座して靴を舐めるのはやめとけ》

次は違う方向で体を張った方がいいかもしれない。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ