ますます真相が闇の中?ドラマ『真犯人フラグ』13話あらすじ

Oh!My!ドラマ

『真犯人フラグ』13話が23日22時30分から放送されました。12話のラストでバタコ(香里奈)に毒を飲まされて倒れた凌介(西島秀俊)でしたが、倒れた場所が病院だったことで奇跡的に一命をとりとめます。一方、阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健吾)は篤人(小林優仁)誘拐に使われた白いワゴン車から宗教団体「かがやきの世界」を訪問。凌介に毒を飲ませたバタコの写真を見た教祖(相築あき子)の表情から何かを感じ取った阿久津は篤人にバタコの写真を見せて「知ってる?」と尋ねる。するとそれを見た篤人の口から「お母さん」という言葉が。

少しずつ埋められる事件の外堀とは逆に、ますます真相が闇の中になっていった『真犯人フラグ』13話のあらすじと怪しい人物の言動をご紹介します。

『真犯人フラグ』13話のあらすじ

小旗由美(実はバタコ)が今回の事件に絡んでいると睨む瑞穂(芳根京子)は、一星(佐野勇斗)の部下たちの協力を得て小旗由美が失踪事件に関与していると確信します。

朋子(桜井ユキ)の息子、清明(桑名愛斗)の様子がおかしいのは凌介と朋子が不倫をしているためと勘違いした鼓太郎(坂東龍汰)が瑞穂に相談するも瑞穂は否定。逆にぷろびん(柄本時生)に社内情報をリークしたSNSアカウント「アフロディーテの下僕」が鼓太郎ではと疑っていた瑞穂は、そのことを問い正すも鼓太郎は違うと判明。さらに鼓太郎から太田黒部長(正名僕蔵)がラップの話をしていたと聞いた瑞穂は
凌介に報告しますが、その様子を盗み聞きしていた太田黒を発見。問い詰められた太田黒は、自分が「アフロディーテの下僕」だと自白しました。しかし、あくまでも凌介への嫉妬心からの犯行であり、それ以上の事件へのかかわりはなさそう。

そのころ至上の時にいた瑞穂、一星、河村(田中哲司)、日高(迫田孝也)は、ぷろびんがかがやきの世界に侵入した動画から、小旗由美がバタコであり凌介に毒を飲ませた人物だと確信。連絡を受けた阿久津たち警察がバタコの家に踏み込むも一足早く逃走していたバタコ。家宅捜索の結果、凌介を祀った祭壇やフグの残骸、さらには子ども服や勉強机を発見。バタコが篤人を誘拐して自分を母だと洗脳したと推測するのでした。

鼓太郎に不倫を疑われたこともあり、例のごとく自宅に上がり込んでいた朋子に家の鍵を変えると宣言する凌介。それを聞いた朋子は、凌介に尽くすことが真帆(宮沢りえ)への友情の証だったと泣きながら語って鍵を返します。

そのとき朋子を追い返してもやもやしていた凌介のスマホに着信が。その声は真帆でした。凌介の通報を受けた阿久津たちがかけてきた公衆電話を特定した結果、そこは凌介の新居の近くであると判明。そこへ駆けつけた凌介と一星。何かを感じた凌介は建築中の新居に向かい、そこで隠れていた「ある人物」を発見します。果たしてその人物とは?

『真犯人フラグ』13話の怪しかった人物

1:陽香(生駒里奈)
12話で光莉(原菜乃華)を拉致して血を注射で抜いていた陽香がだれかとスマホで話しているシーンが。また、凌介の新居に赤い液体をまいて不気味な笑みを見せていました。果たして電話の相手は?撒いていたのは光莉の血?それとも?

2:強羅(上島竜平)
毎回怪しげな仕事をしている強羅。仕事を終え帰ろうと乗り込んだ車に河村が。強羅による林殺しを怪しんでいました。強羅は、事件にどのようにかかわっているのでしょうか。

3:朋子
凌介に泣きながら真帆への友情を語りましたが、その反面、やはり山田(柿澤勇人)と何かを隠しており、ことの発覚を心配する山田をなだめるシーンが。

4:猫おばさん(平田敦子)
真帆がかけてきたと思われる電話ボックスから新居へと向かう凌介を見て愛猫に「彼の名前は愛」とささやき、戯曲「トゥーランドット」を口ずさみました。この言葉の意味は?

ネットでの考察の様子

陽香のスマホの通話相手は強羅と予想する声。また猫おばさんの「彼の名前は愛」と言うセリフが戯曲「トゥーランドット」の最後のセリフであるため、トゥーランドットに謎を解く鍵があると物語の内容を解説する投稿も。今回、わかってきたこともありましたが、さらに奥深くに真相が隠れている予感がします。

ちなみに番組公式HPの♯『みんなの真犯人フラグコーナー』前回放送後の視聴者投票は、1位:一星、2位:瑞穂、3位:真帆でした。前回、血のついた包丁を握っていたことを理由にしている人もいましたが、根強いのは「いちばん味方」だからいちばん怪しいという、番組にはダマされないぞという視聴者の疑いが根強いようです。13話ではバタコや陽香など怪しかった人物の決定的なシーンも出てきましたが、視聴者の反応は変化するのでしょうか。