広島出身のクロちゃん、ディレクターから「チョイチョイ出てくる関西弁は何ですか」【レンタルクロちゃん シーズン7】


1月20日『レンタルクロちゃん シーズン7』(TBS系列)が放送された。この番組は、安田大サーカスのクロちゃんが人助けをして自分の好感度アップを目指すことを目的としたバラエティだ。

今回は富士山の絶景スポットやオススメの場所を探しに静岡県を訪れる。街の人から富士山の絶景ポイントの話を聞き日本平にタクシーで向かうことになったがなかなかつかまらず。

愚痴をこぼしながら歩きつつ話題はクロちゃんの方言に。

「来てはるとか。広島出身のクセに」

日本平に向かう前のロケで焼きそば屋に行き、その際に出会った人のことを振り返っていた時、クロちゃんから「歌舞伎を見に来てはる感じの人でしたね」との発言が。これに対してディレクターは「そのチョイチョイ出てくる関西弁は何ですか?」と突っ込む。クロちゃんは「あ、僕出てます?」と答える。

どうやら無意識のうちに方言がでてしまっていた様子だが、広島出身なのに違う地方の方言が出ていることに違和感を覚えたディレクターが「訳がわからないですよ、来てはるとか。広島出身のクセに」とさらに追求。

クロちゃんは「いや、僕京都で8年間住んでいたから二十歳から。そん時に無理矢理、関西弁覚えさせられたの」「じゃないとその時代、20年前くらいは関西弁使わないと関西で漫ざいとかしても誰も笑ってくれないからって」「でしかも多分、覚えたのが女の子のイントネーションで覚えちゃったから」との説明にディレクターは「なるほどですね」と笑いつつ理解するのだった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ