人気3社の『ポテトのSサイズ』を徹底比較!「価格・量・味」の違いをレビュー【マクドナルド×モスバーガー×ロッテリア】

ウレぴあ総研

それぞれ特徴のある「ポテト」は、どれも食べ飽きない美味しさ!
ファストフードでは欠かせないもの、それは“フライドポテト”!

今回は、マクドナルド・モスバーガー・ロッテリアの、大手バーガーショップ3社でフライドポテトを食べ比べてみました。

形状・サイズ展開・価格・容量などを徹底比較し、3社のポテトをご紹介していきます。

※輸入遅延に伴う、一時的なメニューの変更や、販売制限がおこなわれることがあります。商品の販売状況は各社のホームページなどでご確認ください。

■フライドポテトの種類

3社を比較していく前にまずは、ファストフード店のポテトの種類にはどんなものがあるのかご紹介します。

まず、マクドナルド(以下マック)やロッテリアは、揚げる時間が短く、スタンダードな「シュートリング」という種類です。

ファストフード店以外にも、居酒屋などのポテトもこの種類が多く使われています。

モスバーガー(以下モス)のポテトの種類は、「レギュラーカット」。

ホクホク感が特徴で、ファミレスなどで提供していることも多い印象です。

■マック・モス・ロッテリア3社のポテト実際に食べ比べ!

■マクドナルドのベストセラーポテト

【マクドナルド フライドポテト】長~いポテトの争奪戦
最初にご紹介するのは、「マックフライポテト」!

Sサイズですが、全部出してみると結構多く見えます。

サイズ展開・価格は以下のとおりです。

・Sサイズ:150円(税込)

・Mサイズ:280円(税込)

・Lサイズ:330円(税込)

内容量も計ってみました。

マックのSポテトは77gと、幼児~小学生までの子どもにも、ピッタリのサイズですね!

大人のおやつにも丁度よい大きさです。

ポテトの形状は、お馴染みのシュートリングで、きれいなきつね色!

マックのポテトはなんといっても、やみつきになる食感と塩加減が魅力です。

冷めてもおいしく、手が止まりませんでした。不動のおいしさです。

■モスバーガーの太切りポテト

【モスバーガー フライドポテト】モスはお芋感満載のポテト!
お次はモスの「フレンチフライポテト」のレビューです。

重量感と、ホクホク感が特徴的です。

そんなモスポテトのサイズ展開・価格は次のとおりです。

・Sサイズ:230円(税込)

・Lサイズ:310円(税込)

モスのポテトにはMサイズがなく、サイズはSとLの2種類です。

ハンバーガー単品に、プラス410円(税込)でポテトS・ドリンクのセットが追加可能。

プラス490円(税込)でポテトL・ドリンクセットです。

全体の重さは94gと、ずっしりした感じです。

本数は少ないので、全体的にさみしく映りますが、食べごたえは十分にありますよ。

今回のポテト比較で唯一のレギュラーカット。中はホクホクです!

モスには、オニオンリングと一緒になったオニポテもあります。価格は260円(税込)。

オニオンリングは2つ入っていました。甘みの強い玉ねぎは、大人だけでなく、野菜嫌いの子どもも喜んで食べる一品です。

「ポテトも、オニオンリングも食べたい!」という方におすすめの商品。

■ロッテリアのフレンチフライポテト

【ロッテリア フライドポテト】こんがりシュートリングのロッテリア
最後に、ご紹介するのはロッテリア「フレンチフライポテト」です。

こちらも、やはり食べだすと止まりません!

ロッテリアポテトのサイズ展開・価格は次のとおりです。

・Sサイズ:187円(税込)

・Mサイズ:286円(税込)

・Lサイズ:310円(税込)

フライポテトに適した、アメリカ産の「ラセット種」というじゃがいもをメインに使用している、こだわりの一品です。

ロッテリアには、フレーバーがたのしめる「ふるポテ」319円(税込)もあります。

フレンチフライポテトとならんで、人気のサイドメニューです。

ロッテリアのポテトは、一見するとマックと同じ、シュートリングですが若干の違いを発見しました。

揚げた色と太さです!ロッテリアのほうがこんがりと揚がり、マックに比べて少し細い印象です。

そんな細めのロッテリアポテトの重さは63gでした。3社のなかでも量は控えめです。

ハンバーガーのセットには、フレンチフライではなく、ふるポテ・ドリンクが用意されています。

ハンバーガー単品の価格に、プラス407円(税込)でこのセットがつけられますよ。

■3社の王道ポテト以外のラインナップは?

マックとロッテリアには、モーニング限定のハッシュポテトが存在し、価格はそれぞれ以下のとおりです。

・マック ハッシュポテト:130円(税込)

・ロッテリア ハッシュポテト:165円(税込)

また、ロッテリアにはテイクアウト限定の「バケツポテト」550円(税込)もあり、ポテトSサイズが4つ分も入った、お得な商品です。



今回はマクドナルド・モスバーガー・ロッテリア3社のサイドメニュー、ポテトを食べ比べてみました。

細いシュートリングのポテトを有するマックとロッテリアでしたが、太さはマックのほうが少し太い結果に。したがって、食感も異なりました。

モスは唯一のレギュラーカット。ホクホクで食べごたえのあるポテトです。

それぞれのポテトに、それぞれの特徴がありました。みなさんも一押しのポテトを探してみてください!

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ