松本潤&千鳥の“演技企画”にファン爆笑「笑い死ぬかと思った」「最高」「元気出た」

E-TALENTBANK


1月23日、テレビ朝日系『テレビ千鳥』に、嵐・松本潤と千鳥(大悟・ノブ)が出演した。

【関連】松本潤、大野智の“元気そう”な近況&嵐5人で集まった新年会明かす「いろんな話しながら…」

番組冒頭で大悟は、“ノブと松潤の演技が見たいんじゃ”という企画を発表。ノブと松本は岡山県出身の幼馴染という大悟考案の台本でドラマを演じることになった。

そして、東京で就職した松本が同窓会で地元・岡山県に帰ってきたという設定の中で、「そうか?」と松本が言うセリフを大悟は「そうがぁ~?」といった発音で言うように指導したり、ミュージカル調で話すように指導したりしてスタジオの笑いを誘った。

そして、最後のセリフをミュージカル調に話した後に、ターンをしながら退場するように指導された松本は、大悟の持っていたメガホンを叩きつけるなど反抗した態度を見せて「俺、今ドラマ中よ?」とツッコミを入れ笑いが起きた。

その後、最後まで演じきった2人に大悟のOKの声が掛かると、ノブは「どこがOKや!」「ミュージカルの追い込みのとこえぐかったわ」とツッコミ。さらに松本は「出来ればこれはもうお蔵にしたい」と話し、笑いが起きていた。

この放送に対し、ネットでは、「笑い死ぬかと思った」「始終爆笑」「最高過ぎる」「ちょっとイライラしてる松潤がもうめちゃくちゃ可愛かった!!」「めちゃくちゃ笑った!!」「元気出た」「ミュージカルに乗る松潤さいこー」と多くの反響があった。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ