【週間ランキングTOP20】『鬼滅の刃』がV14!それを追う『進撃の巨人』と『呪術廻戦』

めるも編集部

エンタメコンテンツランキングやデータ情報を発信する「GEMランキングクラブ」プロジェクトにより、2022年1月第2週の「定額制動画配信サービス コンテンツ別週間ランキングTOP20(実査日:2022年1月15日、調査対象期間:1月8日~1月14日)」が発表されました。
結果は「遊郭編」も快調の『鬼滅の刃』が怒涛の14週連続で1位を獲得。追いかける2位には「The Final Season」が始まった『進撃の巨人』が『呪術廻戦』を抜いて浮上しました。その他のランキングについてもご紹介します。

なお、本ランキングは19の定額制動画配信サービス(ABEMAプレミアム、Amazonプライム・ビデオ、Apple TV+、dTV、dアニメストア、FOD、Hulu、J:COMオンデマンド、Netflix、Paravi、Rakuten TV、SPOOX、TELASA、TSUTAYA TV、U-NEXT、アニメ放題、ディズニープラス、バンダイチャンネル、ひかりTVビデオサービス)の視聴者数ptを横断して集計されたものです。

※ 視聴者数ptとは:実査日(1月15日)において、過去1週間以内にそのコンテンツを見た人の多さのことです。

『鬼滅の刃』が勢い衰えず14週連続1位

14週連続の首位となった『鬼滅の刃』は視聴者数ptが前週230ptから231ptとほぼ横ばいながら、この14週で最高値を記録。最新シリーズ「遊郭編」が放送・配信中ということもあり、勢いを持続しています。
2位は、前週まで3週連続で2位を獲得していた『呪術廻戦』を抜いて前週6位から上昇した『進撃の巨人』。1月10日(月)より最新シリーズ「The Final Season Part 2」の配信が始まり、人気作として実力を発揮しました。視聴者の内訳では、男女比は約7:3と男性寄り、年代別では20代、30代、40代で高い視聴者数ptを集めました。

一方、今週3位になった『呪術廻戦』。劇場公開中の『劇場版 呪術廻戦 0』が大ヒットしている本シリーズですが、視聴者数ptは前週79ptから69ptと若干減少。続く4位には『ワンピース』、5位にNetflixのオリジナル実写ドラマ『イカゲーム』が入り、TOP5の上位4作品を人気のアニメ作品が占めました。

その他の注目ポイント

■シリーズものが好調

今週は 『コンフィデンスマン』『銀魂』『ポケモン』『ハコヅメ』など、シリーズ作品が複数存在するコンテンツが圏外から多数TOP20入り。その中で最も上位に入ったのは、前週32位から8位にランクアップした『コンフィデンスマンJP』シリーズ。最新劇場版『コンフィデンスマンJP 英雄編』が1月14日(金)に劇場公開されるにあたり、事前の振り返り視聴が行われたものと思われます。視聴者の内訳をみると、男女比は約5:5と偏りなく、年代別では20代、50代、60代で高い視聴者数ptを集めました。

次は前週25位から12位に浮上した『銀魂』シリーズ。1月4日(火)より、アニメ映画『銀魂 THE FINAL』がAmazonプライム・ビデオで見放題独占配信を開始したことによる影響と思われます。男女比は約5:5と偏りなく、年代別では20代で特に高い視聴者数ptを集めました。

続いて、前週36位から16位にランクアップした『ポケットモンスター』シリーズ。今週は集計対象外ですが、1月21日(金)からAmazonプライム・ビデオにて完全新作のオリジナルアニメ『ポケットモンスター 神とよばれし アルセウス』の独占配信が予定されており、さらにランクアップするのではと予想されます。男女比は約5:5と偏りなく、年代別では20代、30代で高い視聴者数ptを集めました。

最後は、最後は前週93位から17位にランクアップした『ハコヅメ』シリーズ。昨年、ドラマ版も話題を呼んだ本シリーズは1月6日(木)よりアニメ『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』の配信が始まっており、注目を浴びたものと思われます。男女比は約4:6と若干の女性寄り、年代別では40代、50代で高い視聴者数ptを集めました。

■『新聞記者』初のTOP20入り
Netflix独占配信のドラマ版配信開始に伴い『新聞記者』シリーズが20位にランクインしました。
TOP20入りは調査開始(2021年1月9日実査)以来、初めてのことになります。Netflix独占配信のドラマ版の配信が1月13日(木)に始まったことによる影響があると思われます。視聴者の内訳をみると、男女比は約1:9とかなり女性寄り、年代別では60代で特に高い視聴者数ptを獲得しました。

■定額制動画配信サービス コンテンツ別 調査概要
・調査方法:インターネットアンケート
・調査対象:日本在住の15~69歳の男女
・回答者数:各回 約7,000人
・数値重みづけ:総務省発表の人口統計を参考に回答者を性年代別に重みづけ
・集計方法:視聴したコンテンツについては自由回答方式で聴取。これをGEM Partners開発によるエンタメコンテンツ辞書を用いて名寄せ・集計を実施。コンテンツごとの視聴したシーズン数やエピソード数などは区別せず、一部でも観たと回答した人を視聴者としてカウント。また、劇場/テレビ版や海外/国内版も同一コンテンツとしてカウント(一部例外あり)。複数回観ても1カウントとしている。
※名寄せ辞書のアップデートに伴い、過去に遡って値が修正されることがあります。

GEMランキングクラブとGEM Partners株式会社について

■「GEMランキングクラブ」
週次の調査に基づき集計している「GEMランキングクラブ」は、定額制動画配信サービス利用者全体の中で、どんなコンテンツが観られているのか、エンタメファンと事業者の参考としなることを目的とし、成長が著しい定額制動画配信サービスと映像エンタ-テインメント産業のさらなる発展に資することを目指しています。

◇ 過去データ、男女別、年代別などの詳細は「GEMランキングクラブ」で公開中
URL:https://gemranking.club/w_ranking/

◇ PDF版プレスリリースはこちらからダウンロードいただけます
URL:https://prtimes.jp/a/?f=d13190-20220121-82c7de1c76bdcd6eb9bbb88d3e688891.pdf

■会社概要
・会社名:GEM Partners株式会社
・設立:2008年3月17日
・代表取締役:梅津 文
・事業内容:
エンタテインメントビジネス領域で下記に関わる一切のこと、
マーケティング戦略の立案と実行モニタリング、
デジタルマーケティング実行
メディアの企画・運営
・コーポレートサイト:https://www.gempartners.com/
・GEM Standard:https://gem-standard.com/
・GEMランキングクラブ:https://gemranking.club/

■本件に関するお問い合わせ先
GEM Partners(ジェムパートナーズ)株式会社
担当:河西(かさい)
電話:03-6303-1346
メールアドレス:info@gempartners.com

企業プレスリリース詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000103.000013190.html
PRTIMESトップへ
https://prtimes.jp/

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ