オリラジ中田、テレビのレギュラーすべて失いYouTubeへ【千原ジュニアYouTube】

めるも編集部

1月18日配信の『千原ジュニアYouTube』は「ジュニア×オリラジ中田のがっつりツーショットトーク!」。YouTubeでは後輩のジュニアがオリラジ中田の知られざる生い立ち、ブレイク後の低迷、YouTubeでのサクセスストーリーを徹底的に掘り下げていく!

オリラジ中田が自身の黒歴史を語る!

意外にも番組での接点は少ないという2人。まずは中田の生い立ちから聞き出していく。

佐賀県出身だという中田。転勤が多かった両親の影響で子どもの頃は佐賀、大阪、山口と転校を繰り返していたと振り返る。小学校まではいわゆるクラスの人気者タイプで、勉強も遊びもバランスよくこなしていたという中田に、ジュニアも思わず「パーフェクトヒューマンやん!」。

「武勇伝」でブレイク後、一気にテレビの冠番組が増えたものの、わずか3年ですべての番組が終了してしまうオリエンタルラジオ。その後、しばらくはピンでそれぞれテレビにしがみついたり、漫才にも力を入れたりしていたがどれもうまくいかず、人知れず悩んでいたと語る。

タレント・福田萌との結婚を経て意識が変わったという中田。藤森のチャラ男キャラや「ラッスンゴレライ」のパロディで再ブレイクした後、テレビでの居場所はもうないと感じるようになったという。

そして、カジサック(キングコング・梶原)のYouTubeでのブレイクがあり、梶原本人からも勉強系動画ならチャンスがあるとアドバイスされた中田。テレビのレギュラーをすべて失ったこともあり、YouTubeを主戦場にすることを決意。チャンネル開設に至る。

初期の頃はほぼ毎日新ネタを上げていたという中田。動画のテーマは本から拾っていたといい、「あの頃はつねにネタを探していましたね」。YouTubeが軌道に乗ったことで吉本興業から退社を提案され、コンビそろって円満退社。

現在はシンガポールに移住している中田。もともとは妻・福田萌の実家である岩手県への移住を考えていたが、若手時代から海外移住が目標だったこともあり、思いきって条件がいいシンガポールに家族で移り住むことにしたという。

今後の展望を聞かれ、「スポンサーを集めて自分の理想の番組を作りたいですね」と語る中田。進化はまだまだとまらない。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ