おすすめのピンク系ヘアカラーカタログ《2022》挑戦しやすい自然な色味をご紹介

folk

【2022】おすすめのピンク系ヘアカラー特集


血色感があり、どんな方でもおしゃれに決まる赤み色のヘアカラー。なかでも人気が高いのが、ピンク系のヘアカラーです。

以前は可愛らしいイメージのピンクですが近年では色の幅が広がり、さまざまな女性像が表現可能になっています。ブラウンやベージュと合わせれば派手にならずに楽しめるので、雰囲気を変えたい大人の女性に特におすすめですよ。

今回は、おしゃれなピンク系ヘアカラーのレディースヘアスタイルをご紹介します。

おすすめのピンク系ヘアカラー《明るめ》

ハンサムショートに合う大人チェリーピンク


ハンサムショートに合う大人チェリーピンク

https://beauty.yahoo.co.jp/

おしゃれに決まるピンク系ヘアカラーのレディースヘアスタイル、まずは明るめの髪色をご紹介します。

こちらは可愛らしいチェリーピンクのヘアカラーをハンサムなショートで引き締めたレディースヘアスタイルです。

ブリーチ必須の明るめヘアカラーは、その分色味が綺麗に出て女性らしく仕上がります。

可愛らしいピンクを選ぶ場合は潔いショートヘアなどと合わせてバランスを取ると大人っぽく仕上がりますよ。

肌の白さが際立つ明るめピンクベージュ


肌の白さが際立つ明るめピンクベージュ

https://beauty.yahoo.co.jp/

こちらは明るめピンクベージュのヘアカラーをショートに合わせたレディースヘアスタイルです。

このような白っぽいピンクのヘアカラーは肌の白さ、明るさを際立て儚げな印象に見せます。

ただし赤みはあるので血色感は失われず、顔色が悪い印象にはなりません。

色白で顔色が悪く見られがちな大人の女性におすすめですよ。長めの前髪ありショートが可愛らしい印象ですね。

ピンクにクール感を与えるピンクアッシュ


ピンクにクール感を与えるピンクアッシュ

https://beauty.yahoo.co.jp/

童顔の方がピンクのヘアカラーにすると可愛さや幼さが強調されがちです。大人っぽく見せたい童顔さんは寒色系のピンクを選びましょう。

こちらのように、ピンクアッシュのヘアカラーにベリーショートを合わせたレディースヘアスタイルならピンクにクールさが加わって、おしゃれな印象に仕上がりますよ。

アッシュ系の特徴である絶妙なくすみ感も頑張りすぎない大人のおしゃれにぴったりですね。

肌がくすまないピンクグレージュ


肌がくすまないピンクグレージュ

https://beauty.yahoo.co.jp/

引き続き人気のくすみ色ヘアカラーは色選びを間違えると大人の肌が、くすんで見える場合があります。

そんな方におすすめなのが、ピンクグレージュのヘアカラーです。おしゃれなくすみ色の鉄板であるグレージュにピンクを足して血色感を演出しています。

美人見えするひし形シルエットのレディースヘアスタイルと合わせて綺麗な横顔を強調しましょう。

健康的に見える暖色系のピンクオレンジ


健康的に見える暖色系のピンクオレンジ

https://beauty.yahoo.co.jp/

寒色系が苦手なイエベさんや健康的に見せたい方は暖色系のピンクを選びましょう。

こちらは果物のアプリコットのようなピンクオレンジのヘアカラーに、ショートを合わせたレディースヘアスタイルです。

ピンクとオレンジの中間と言える色でピンクの可愛さとオレンジの溌剌とした健康的なイメージが同時に手に入ります。

深みのある色が得意な大人にもおすすめです。

色っぽく女性らしいラベンダーピンク


色っぽく女性らしいラベンダーピンク

https://beauty.yahoo.co.jp/

ラベンダーピンクやピンクバイオレットなどの紫系ピンクは大人の女性ならではの色っぽさや艶やかさを表現できます。

こちらはラベンダーピンクのヘアカラーに巻き髪ロングを合わせたレディースヘアスタイルです。

女性らしいヘアカラーに女性らしいヘアスタイルを合わせると古くさくなりそうですが、あえて明るめの振り切った色を選んでいるため現代的な強さがあり、おしゃれに見えますよ。

おしゃれ感No.1のスモーキーピンク


おしゃれ感No.1のスモーキーピンク

https://beauty.yahoo.co.jp/

おしゃれ感で選ぶなら、スモーキーピンクはいかがでしょうか。スモーキーピンクはグレーがかった、くすみのあるピンクです。

難易度が高そうに見えますが、くすみがあるため幼くならず大人にも挑戦しやすい色ですよ。

持ちがよく、ピンクが長く楽しめるのも忙しい大人の女性にぴったりですね。

ストレートのぱっつんショートなど潔さを感じるレディースヘアスタイルと合わせて、かっこよくまとめましょう。

おすすめのピンク系ヘアカラー【暗め】

やわらかく見える王道の暗めピンクベージュ


やわらかく見える王道の暗めピンクベージュ

https://beauty.yahoo.co.jp/

おしゃれに決まるピンク系ヘアカラーのレディースヘアスタイル、次に自然な色味が挑戦しやすい暗めの髪色をご紹介します。

まずは王道の暗めピンクベージュのヘアカラーです。

どんなヘアスタイルにも合う懐の深さが魅力ですが、大人におすすめなのはハンサムショートと合わせて甘さを調節したレディースヘアスタイル。

ほのかな甘みがおしゃれで抜群に可愛くなりますよ。

どんなおしゃれにも合う定番のピンクブラウン


どんなおしゃれにも合う定番のピンクブラウン

https://beauty.yahoo.co.jp/

どんなメイク・おしゃれにも調和する合わせやすさNo.1、ピンクブラウンのヘアカラーをご紹介します。

迷ったらこれ、というほど誰にでも似合いやすいカラーです。初めて赤みのヘアカラーに挑戦する方や普通のブラウンでは暗く見える方にもおすすめですよ。

適度な赤みとコンサバな印象が巻き髪ロングのような定番のレディースヘアスタイルをおしゃれに見せてくれます。

赤みメイクと好相性なピンクパープル


赤みメイクと好相性なピンクパープル

https://beauty.yahoo.co.jp/

トレンドのくすみピンクは暗めの髪色ならピンクパープルがおすすめです。

ピンクパープルとはピンクに紫を混ぜた色で、同じくトレンドの赤みシャドウやハイブランドから続々登場しているローズピンクのリップともよく合います。

こちらのレディースヘアスタイルのように、メイクとリンクさせると大人でも取り入れやすくなりますよ。

オイルでウェットな質感に仕上げるのも、おしゃれに見せるコツです。

ガーリーに仕上がるローズピンクレッド


ガーリーに仕上がるローズピンクレッド

https://beauty.yahoo.co.jp/

ガーリーな雰囲気がお好きな方はローズピンクレッドのヘアカラーがおすすめです。

ピンクレッドよりも深みがあるので幼く見えず、前髪長めのロングでも大人らしい落ち着いた印象のレディースヘアスタイルに仕上がります。

紫系のピンクは青みがあるものと赤みがあるものがあり、肌や瞳の色によって綺麗に見える色が違います。自分に合う色を選んでくださいね。

イエベさん向きラズベリーピンク


イエベさん向きラズベリーピンク

https://beauty.yahoo.co.jp/

紫系ピンクのヘアカラーを2パターン紹介します。まずはイエベさんにおすすめのラズベリーピンクをミニボブに合わせたレディースヘアスタイルです。

ラズベリーピンクとは赤みがあり少し紫がかったピンクを指します。

イエベさんの肌色がパッと明るくなり、血色感と親しみやすい可愛らしさが手に入りますよ。

暗めのラズベリーピンクは暗い場所ならブラウン、明るい場所ならピンクと光の加減で見え方が変わっておしゃれです。

ブルベさん向きのシックなカシスピンク


ブルベさん向きのシックなカシスピンク

https://beauty.yahoo.co.jp/

続いてブルベさんにおすすめの紫系ピンクのヘアカラー、カシスピンクをショートに合わせたレディースヘアスタイルをご紹介します。

カシスピンクとは青みがあり少し紫がかったピンクです。ブルベさんの透明感をぐっと底上げし、美人印象が強調されますよ。

暗めを選べば青みが強く出ないので肌になじみやすく、大人っぽい印象に仕上がります。

暖色と寒色のいいとこ取り!ピンクアッシュブラウン


暖色と寒色のいいとこ取り!ピンクアッシュブラウン

https://beauty.yahoo.co.jp/

最後に暖色と寒色のいいとこ取り、ピンクアッシュブラウンのヘアカラーです。

ピンクアッシュブラウンは大人の髪に暖色のやわらかさ、寒色の透明感を与えてさりげなくおしゃれに見せます。

暗めを選べば日本人の肌になじみやすく奇抜な印象にもなりません。

ツヤが強調されるので、シンプルなレディースヘアスタイルに合わせるのがおすすめです。

おすすめのピンク系ヘアカラーまとめ


おしゃれなピンク系ヘアカラーのレディースヘアスタイルをご紹介しました。

ピンク系ヘアカラーは総じて血色感を演出し肌が綺麗に見えます。ただ同じピンクでも人によって似合うピンクはさまざまです。明るめ・暗め、青み・赤みでも驚くほど印象が変わりますね。

ぜひ本特集で、ご自分がなりたいイメージを実現するピンク系ヘアカラーを見つけてください!

当記事はfolkの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ