シソンヌ・じろう「漫才のほうが楽だよね」【佐久間宣行のNOBROCK TV】

1月19日配信の『佐久間宣行のNOBROCK TV』。トークゲストは絶賛ブレイク中のコント師・シソンヌ!若手時代のシソンヌをずっと見守ってきた佐久間宣行が2人のウケた想い出、スベった想い出、コントへのこだわりを掘り下げていく!

シソンヌ・じろう「漫才のほうが楽だよね」

佐久間宣行がプロデューサーとして実力と才能に惚れ込んだというシソンヌ。コントの面白さは若手時代からプロの間で認められていたものの、トーク力や見た目の華のなさから全国区で売れるチャンスはなかなかめぐってこなかった。

2013年の『キングオブコント』の準決勝で信じられないほどネタが大ウケし、芸人としての手ごたえを感じたというシソンヌ・じろう。そして、その自信は翌年のKOC優勝へとつながっていく。

社交的でトーク力のある長谷川に対し、職人肌でテレビ向きではないというボケのじろう。『有吉の壁』のオーディションにも数回参加したというが、「会議室を海に見立ててのオーディションに疲れました」。今でも自分はネタ作り専門でいいと語り、「できないことで無理やり頑張る必要はないですからね」。

今後もコント一筋だというシソンヌだが、じろうはぽつりと「正直、売れるなら漫才のほうが楽だよね」。長谷川も「営業でも荷物が少ないしね」と同意しつつ、「コントにはコントの良さがあるんだからさ!」

今でも単独ライブは超満員だという2人。バラエティでの飛躍はもちろんのこと、ネタの進化にも期待したい。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ