【先ヨミ・デジタル】Aimer「残響散歌」DLソング現在トップ、Ado『ドクターホワイト』主題歌が4位に

Billboard JAPAN



GfK Japanによるダウンロード・ソング売上レポートから、2022年1月17日~1月19日の集計が明らかとなり、Aimerの「残響散歌」が8,899ダウンロード(DL)を売り上げて現在首位を走っている。

最新ダウンロード・ソング・チャートで「朝が来る」が初登場トップ、そして「残響散歌」が2位に続いたAimerは、順位を入れ替えて変わらずワンツートップを独占している。「朝が来る」は今週前半3日間で7,542DLを売り上げた。

King Gnuの「逆夢」(4,996 DL)に続いて4位に登場したのはAdo「心という名の不可解」。1月17日に放送が始まった浜辺美波の主演ドラマ『ドクターホワイト』の主題歌で、作詞・作曲・編曲をまふまふが担当している。初回放送日に配信がスタートし、3日間で4,760DLを売り上げた。

そのほか本速報トップ10には、6位に幾田りら「スパークル」(3,173DL)、7位にedhiii boiとBE:FIRSTのSOTA、Novel Coreによるコラボ曲「118」(2,273DL)、そして10位に絢香の「Victim of Love feat. Taka」(1,664DL)が登場している。

◎Billboard JAPANダウンロード・ソング集計速報
(2022年1月17日~1月19日の集計)
1位「残響散歌」Aimer
2位「朝が来る」Aimer
3位「逆夢」King Gnu
4位「心という名の不可解」Ado
5位「一途」King Gnu
6位「スパークル」幾田りら
7位「118」edhiii boi, SOTA, Novel Core
8位「Anarchy」Official髭男dism
9位「ベテルギウス」優里
10位「Victim of Love feat. Taka」絢香

※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成していますが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となります。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ